※本ページはプロモーションが含まれています。

マーケティングっていったい何?仕事内容や魅力を徹底紹介!

マーケティングっていったい何?仕事内容や魅力を徹底紹介!

現代のビジネスではいろいろな業種で「マーケティング」という言葉が使われています。しかし、その意味をしっかりと理解している人はそれほど多くないのではないでしょうか。マーケティングは商品やサービスの売上を伸ばすためには欠かせません。この記事では、マーケティングの役割やビジネスにおける重要性を解説していきます。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

1. マーケティングとは?

そもそもマーケティングとは「商品が売れるシステムを作ること」を意味する言葉です。どれほどクオリティの高い商品やサービスでも、単に発表しただけではヒットにいたりません。商品を多くの消費者に知ってもらうには、その特性に合わせた戦略を展開させなくてはいけないのです。マーケティングではまず、ターゲット選定から始めます。商品やサービスにはメインユーザーとなる客層があるはずです。逆をいえば、メインユーザーの特徴をつかみ、ターゲットにして宣伝すれば売上へとつながりやすくなります。

そして、何よりも商品やサービスの知名度を高めなくてはいけません。そもそも人に知られていない商品が購入されるわけはないからです。一度商品の良さが世の中に浸透すると、自動的に情報が拡散され、リピーターが増えていきます。こうした好循環を作るまでの作業がマーケティングです。

2. マーケティングの仕事内容

商品の売上に対して、マーケティングは大きな影響力を持っています。以下、マーケティングの仕事内容を詳しく説明していきます。

仕事1:市場調査

マーケティングの基本は市場調査にあります。市場調査とは、ターゲット層の購買傾向や関心を浮き彫りにするための調査です。企業は自社商品のターゲット層を絞ったうえで、さまざまな方法で彼らの動向を分析していきます。たとえば、アンケート調査や電話調査などは古くから用いられている手段です。また、インターネット調査も広まってきました。SNSなどでつぶやかれているキーワードを調べ、どれだけ世間の関心が向けられているのかを数値化していきます。

企業は、緻密な調査を元にして戦略を立てていきます。そのため、市場調査はマーケティングの基盤となる重要な部分だといえるでしょう。そして、市場調査をどう分析して、どのような戦略にするかが企業同士を差別化します。ライバルに差をつけるためには、市場調査は欠かせない作業です。

仕事2:商品コンセプト企画

市場調査が終わると、ターゲット層の需要が見えてきます。そこからは、企画担当者と商品コンセプトを定めていきましょう。マーケティングはチーム全体が同じ方向を見ていないと失敗します。そのため、チームをまとめる担当者は不可欠です。マーケティングを進めていく中で、企画にズレが生じたら即座に担当者が軌道を修正しなくてはいけません。また、商品コンセプトが確立しているからこそ、エリアを限定したりキャンペーンを立案したりできます。商品価格を営業担当や企画担当が決める際にも、コンセプトが鍵を握ります。

仮にマーケティングの結果が出なかったとしても、担当者は改善策を探さなくてはいけません。結果が出た際にも、さらなる売上アップのために施策を打ち続けます。こうした業務の中心にいるマーケティング担当者は、企業の将来を左右することすらありえます。

3. マーケティングで必要な能力とは?

あらゆる職業には適性や資質があります。マーケティング担当も例外ではありません。必要な能力を踏まえて、自分自身を振り返ってみましょう。

能力1:分析力

商品戦略の根拠は、すべて市場調査などで得た客観的なデータとなります。つまり、マーケティング担当者は膨大なデータから法則性や傾向を見出し、売上に生かさなくてはいけません。同じデータを与えたとしても、人によってまったく見え方は違うでしょう。マーケティング担当者に相応しいのは、データを正しく分析できる力を持った人材です。

分析力の備わった人材は、市場調査の結果を見て商品に対するニーズを察知できます。また、ユーザーが何を考えてデータに表れた消費行動に出ているのかを正しく導けます。これらの分析が上手くできないと、マーケティングの大前提は覆ってしまうでしょう。そのため、分析能力こそがマーケティングに不可欠なスキルだといえます。

能力2:企画力

商品のコンセプトや仕様を決め、それをたくさんの消費者に向けて宣伝していくのはビジネスの基本です。そして、こうした作業は企画力で差がつきます。もしも企画力のない担当者が抜擢されてしまうと、斬新なアイデアが生まれてきません。消費者の心に残らないコンセプトやキャンペーンが繰り返されるので、なかなか売上にはつながらないでしょう。そもそも、消費者に認知すらしてもらえない恐れさえ出てきます。

逆に、企画力のある担当者なら消費者の関心を集めるようなコンセプトを思いつけます。既存の商品やサービスと重なる部分がないので、消費者は「ぜひ手にとってみたい」と考えるようになるのです。商品やサービスを新しく見せるための企画力は、マーケティング担当者に欠かせない才能です。

能力3:コミュニケーション力

マーケティングは大勢の人々の連帯によって成り立っています。企画段階では特に、営業や企画担当との打ち合わせが頻繁に行われるでしょう。実際に顧客と接点を持っている営業職や、開発過程を見ている企画担当の思いはマーケティングの参考になるからです。彼らと円滑に話を進められなければ、商品やサービスの魅力を正しく伝えられるマーケティングは行えません。まして、自分の意見だけを通したがる人間はマーケティングに向かないでしょう。コミュニケーション能力はマーケティング担当者を支えてくれるスキルのひとつです。

それに、プロジェクトが進行するにつれて、マーケティングは社外の人間も巻き込んでいきます。広告代理店やスポンサー、インフルエンサーなどを相手にする機会も増えていきます。商品やサービスに関わる全員と良好な関係を築くためには、人付き合いの上手さが肝心です。

能力4:リーダーシップ

マーケティング担当者にはリーダーシップも求められています。マーケティングについての戦略を立案するには、大勢の人が関わってきます。当然、スタッフ同士で意見が対立することも出てくるでしょう。そんなとき、双方の意見を聞いたうえでより良い選択肢を判断できるのは担当者しかいません。もしも担当者が判断を下せないままだと、スタッフが好き勝手言い合うようになり、焦点の定まらない戦略が生まれてしまいます。

確かにマーケティング担当者は社内や社外で潤滑油的な立場になるときもあります。しかし、いざという場面ではチームをまとめ、鶴の一声でチームをまとめるような統率力を発揮できなくてはいけません。チーム全員から「リーダーに相応しい」と思われるだけの資質は必要でしょう。

4. マーケティングに向いている人

あらゆる仕事に向きと不向きがあるように、マーケティングにも適性があります。マーケティングに興味があるなら自分の資質を振り返ってみることも重要です。

数字に強い人は向いている

市場調査のデータは原則的に数字で集計されます。つまり、マーケティング担当者は数字に強くなければいけません。細かく数字の書かれたグラフや図表を眺めて、市場動向をイメージできる能力がないと難しいでしょう。具体的には、マーケティング手法の1つであるWEBマーケティングでは、HPへの訪問回数が重要視されています。そのほか、クリック率、HPへの平均滞在時間などの数字を繰り返し確認し、ユーザー動向を解析しなくてはいけません。数字同士の関連性などもあり、考えるべきポイントはたくさんあります。

それでも、いろいろな項目を専門的な視点で分析できれば、商品へのニーズやターゲットの特徴を解明できます。そして、数字を伸ばすための方法も逆算していけるので、企業にとっては貴重な戦力です。マーケティングの中心として、活躍の場を与えられるでしょう。

新しいものをつくりだすことが好きな人は向いている

マーケティングでは事例のないプロジェクトに挑むことも少なくありません。むしろ、誰もやったことがない分野で新事業を立ち上げ、どれほど成果を挙げられるかという点でマーケティングの真骨頂が問われます。人によっては、不安や恐れを抱いてしまいかねない状況です。このような仕事に関わっても抵抗感を覚えず、積極的にアイデアを出そうとする人はマーケティングに向いています。

新しいものを作るときに必要なのは、根気と体力です。失敗をしないためには、膨大な数のデータを分析し続けなくてはならないからです。また、未知のジャンルを開拓していくための強い精神力も必須でしょう。そして、ひとつのプロジェクトが終わっても、またゼロから新しいプロジェクトを始めるのは強い意思が備わっていないと無理です。これらの資質を持っている人なら、マーケティングの世界で長期的な成功を収められます。

5. マーケティングの仕事の魅力とは?

困難な仕事でありながら、マーケティングには魅力もやりがいもたくさんあります。仕事を続けるうえで、良さが分かっていれば困難を乗り越えていく原動力にできるでしょう。

達成感を強く感じられる

マーケティングはともすれば、商品開発から販売にいたるまですべてのプロセスに関わる仕事です。商品が生み出されて結果が返ってくるまでにはかなりの時間と労力を要します。プロジェクトに捧げる忍耐力は並大抵のものではありません。だからこそ、関わった商品がヒットすればすさまじい達成感を味わえるでしょう。長年の努力や苦労がすべて報われるような感覚になることもあります。

それに、マーケティングは戦力になれている実感を抱きやすい職種です。与えられた仕事をこなすだけでは、本当に会社の役に立っているのか分からなくなることも少なくありません。しかし、マーケティングでは自分のアイデアが成功することで、売上という結果につながります。会社の成長に関わったという気持ちを抱きやすいのは大きな魅力です。


情報収集能力と分析力が身につく

スキルアップにつながるのはマーケティングに関わるメリットでしょう。まず、市場調査は情報収集能力に関係しています。毎日のように数字を見て分析をしていると、数字とユーザー動向の関係性がつかめてきます。わずかな変化にも気づくようになり、それが意味するところまで考えられるようになるのです。こうした思考が働くようになると、データを見ればどのような情報が反映されているのかを解析できる力が備わっていくでしょう。

マーケティングに養われた能力は、そのほかの分野でも応用できます。普通に日常生活を送っていたりオフィスで事務作業をこなしていたりするだけでも新しいアイデアが生まれてきます。そして、多くの人が気づかなかったニーズを指摘できるほどに分析力が向上していくのです。

6. マーケティングの仕事を始めるにはどうすれば良い?

実際にマーケティング関連の仕事を始めたいなら、大学で専門的に勉強するのはひとつの方法です。大学によっては経済学部や経営学部でマーケティングの理論を教えています。これらの学部ではその道の研究者が基礎から丁寧にレクチャーしてくれます。

次に、就職活動を工夫してみましょう。マーケティング担当者を新たに募集している企業は少なくありません。それらに絞り込んで就活を続ければ、採用後にマーケティング部門へと配属される可能性はあります。ただし、一般企業はマーケティング担当者の経験を重視しているので、すぐに配属されるのは難しいでしょう。若手時代からマーケティングの仕事をしたいなら、マーケティング会社を志望するのが得策です。

7. マーケティング業界は今後どうなる?

時代とともにマーケティングの種類は枝分かれしてきています。主流になりつつあるのは、WEBマーケテイングとデジタルマーケティングの2つです。このうち、WEBマーケテイングはWEBサイトを使って商品やサービスを展開させていく方法です。SEOやアフィリエイト広告などはよく知られた手法でしょう。そのほか、メールマーケティングもWEBマーケティングに含まれます。

一方、デジタルマーケティングは、デジタル技術によって集めたデータを活用する手法です。WEBサイトだけでなく、実店舗への集客も促進させています。両者の共通点は、インターネットを利用したマーケティングであるということです。SNSやECサイトなどの台頭によって、今後もこの流れは続く可能性が高く、マーケティング担当者を目指すなら知識の習得が必須です。

大変な仕事ではあるが得るものも大きい

マーケティングは分析力やコミュニケーション力、統率力が求められている大変な仕事です。一方で、やりがいや成功時の達成感は非常に大きいといえます。派遣の求人にもマーケティング職があり、経験を問わない募集も見られます。これからマーケティングを始めたい人は、最高の仕事をこなすために専門的な勉強を始めてみましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る