※本ページはプロモーションが含まれています。

プログラマーを目指したい人は見てほしい!どんな仕事をするの?

プログラマーを目指したい人は見てほしい!どんな仕事をするの?

プログラマーという仕事について聞いたことがある人もいるかもしれませんが、プログラマーが具体的にどのような仕事をしているのか詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。この記事では、プログラマーとはどのような仕事なのか、キャリアパスや年収はどうなっているのか、そしてプログラマーになるにはどうすればよいのかなど、具体的に解説します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

1. プログラマーとはいったいどんな仕事?

プログラマーとは、コンピュータを動かすために必要となるプログラムを、プログラミング言語を使ってプログラミングする仕事のことをいいます。コンピュータはプログラミングされたプログラム以外で作動することはないため、プログラマーの役割は非常に大きいです。プログラマーが作成したシステムやソフトウェアはあらゆるところで使用されています。たとえばスマホやテレビなどの情報家電、電子レンジなどの生活家電などにもプログラミングの技術が用いられています。通信系やWEB系、ゲーム、社内システムなど、あらゆるジャンルで活躍できるのがプログラマーです。さまざまなところでプログラミング技術が使われているため、プログラマーの需要は高まっています。

2. プログラマーの仕事について

さまざまな業界で活躍できるプログラマーですが、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか。プログラマーというと、ずっとパソコンでプログラミングだけをしているイメージを持っている人もいるかもしれませんが、プログラミング以外の作業をすることもあります。ここでは、プログラマーの具体的な仕事内容について紹介します。

メインはプログラミング作業

プログラマーのメインの仕事は、やはりプログラミングです。プログラマーはシステムエンジニア(SE)が設計したシステムのプログラミング作業を行います。プログラミング作業を行うときには「プログラミング言語」を用いて作業をこなしていきます。プログラミング作業とは、システムが設計された通りに動くように、プログラミング言語を使ってコンピュータを動かす命令文を作成することです。プログラミング作業が完了したあとは、作成したシステムが正常に作動するかのテストを行います。正常に作動しない場合はバグが発生しているため、バグの位置を特定して修正するという作業も行います。何度も繰り返しテストを行うため、開発するシステムの内容や規模によっては、正常に作動するまでに数カ月かかることもあるのです。

経験を積むとシステムエンジニアの仕事も行う

プログラマーとして経験を積むと、システムエンジニアの仕事を行うこともあります。システムエンジニアが作成する仕様書は細かい内容まで記載されていないことが多いため、プログラマー自身が内容を理解したうえでプログラミング作業をしなくてはなりません。初期のプログラマーの仕事は基本的にプログラミング作業のみになりますが、経験を積んでいくとシステムエンジニアが行う仕様書の作成も行うことがあります。最終的に仕様書の作成、プログラミング作業、テスト作業など、システム構築のための一連の作業をすべて自分で行うことになるため、プログラマーとシステムエンジニアの線引きがなくなることも少なくありません。

3. プログラマーに必要なスキル

プログラマーとして仕事をするためには、いくつかのスキルが必要になります。プログラミング言語だけわかっていれば仕事ができるというわけではないため、注意が必要です。ここでは、プログラマーになるために必要となる具体的なスキルを紹介します。

スキル1:言語知識

プログラマーはプログラミング言語を使って仕事をするため、プログラミング言語を習得することは必須となります。プログラマーが覚えておきたい言語は主に「C言語」、「Java」、「Ruby」、「PHP」の4つです。C言語は、家電製品や自動販売機といった機械のプログラミング、アプリの開発に使われることが多い言語です。Javaは日本国内でもシェアが高く、WEBアプリや社内システムで活用されています。Rubyは日本人のまつもとゆきひろが作成した言語のため、日本語の情報が最も多い言語です。PHPはWEB専用のプログラミング言語のため、PHPを使えるようになっておくとさまざまな仕事に生かすことができます。

ただし、この4つ全てを完璧に使いこなせなければプログラマーになれないというわけではありません。企業のシステムを開発する仕事に就きたければJava、WEBの開発がしたければPHPというように、その業界で求められる技術は異なります。逆に、この4つ以外の言語の知識が必要とされる職場もあるため、ひとくちにプログラマーといっても求められる知識はさまざまであるということを知っておきましょう。

スキル2:コミュニケーション能力

プログラマーとして円滑に仕事を進めるためには、コミュニケーション能力が必要になります。プログラマーはパソコンに向かって黙々と仕事をこなしているイメージがあるかもしれませんが、プログラマーが作成するシステムを発注しているのは人間です。そのため、クライアントの要求をその場で正確に理解する能力が必要になるのです。クライアントが必要としている機能を正しく理解することができなければ、クライアントが求めているシステムを作成することはできません。クライアントの要求を具体的に、かつ正確に聞き出すためにも、コミュニケーション能力が必須になるのです。

また、開発するシステムの規模にもよりますが、プログラミング作業はチームで行うことも少なくありません。ひとつのシステムを複数人で分担してプログラミングすることになるため、効率化を図るためにもコミュニケーション能力は必須です。ほかの人がプログラミングしたシステムを自分がテストすることや、その逆もありうるため、そのような場合にもチームの人とのコミュニケーションが重要になります。

スキル3:向上心

プログラマーにとって、向上心も重要なスキルです。情報技術は日々進化しています。そのため、プログラマーは毎日新しい知識を身につけなければならず、勉強を繰り返す必要があるのです。新しい技術を取り入れるために、常に最新の情報に敏感になっておく姿勢も重要です。また、システムを開発するためにはプログラミング言語などの知識だけでなく、そのシステムを使って行う業務に関する知識も必要不可欠です。新しいシステムの開発に取り掛かるたびに、その業務について理解する必要があるため、向上心がなければプログラマーの仕事は続けられないでしょう。

スキル4:注意力

プログラマーはバグの修正という仕事も行うため、注意力も必要になります。システムを正常に作動させるためには、小さなバグも見逃してはなりません。バグ修正には時間がかかることもあるため、いかに注意力を保てるかが重要です。また、バグ修正の作業中に注意力が散漫になると、修正が必要でない箇所までいじってしまい、新たなバグを生んでしまうこともあります。もちろんバグ修正作業のときだけでなく、通常のプログラミング作業のときにも注意力がないと、バグを多く発生させることになります。正常にシステムを動かすためには、注意力が必須です。

スキル5:根気

プログラマーには根気も必要です。プログラミング作業はほぼ一人で行うことになるため、孤独な時間が続くことになります。根気強く作業を続ける能力がなければ、つらい時間に感じてしまうでしょう。バグ修正も、修正とテストを何度も繰り返すことになるため根気のいる作業です。また、バグ修正はシステムを稼働させたあとも発生する可能性があります。意図しない使い方をした際などは、テストで発見できなかったバグが納品後に見つかることもあるのです。たとえ納品後でも、バグが発生するたびに修正作業が必要になるため、プログラマーには根気も必要になります。

4. プログラマーはどんな人に向いている?

プログラマーには、どのような人が向いているのでしょうか。まず、プログラマーは孤独な時間が続くことになるため、一人で作業をするのが好きだという人にはおすすめの仕事です。新しい仕事にかかわるたびに、その仕事に関連する知識を学ぶ必要があるため、好奇心があって新しいことを取り入れることに抵抗がない人にも向いている仕事です。使いこなせるプログラミング言語が多ければ多いほど需要があるため、新しいプログラミング言語を勉強することに抵抗がない人も向いています。

プログラマーは「怠惰」、「傲慢」、「短気」という3つの性格を持っているとよいとされています。これらの言葉には悪い印象がありますが、それぞれプログラマーに必要とされる能力に置き換えて考えることができるのです。「怠惰」は、効率化のためには必要な考え方です。作業をいかに楽にできるかという発想から、便利なシステムは生まれます。「短気」は最短で答えを出したいという意思、「傲慢」は自分が一番であると自信を持てるほど仕事に打ち込むため、プログラマーに向いているといわれているのです。

5. プログラマーの待遇

プログラマーになりたいと思ったとき、気になるのは年収やキャリアパスについてではないでしょうか。ここでは、プログラマーの年収やキャリアパスについて、具体的に解説します。

年収はいくらになるのか?

プログラマーの年収は20代で約400万円、30代では約500万円となっています。IT業種としては少し低めになっていますが、IT業界自体が成長しているため、需要と供給のバランスが崩れていることが影響しています。経験のないプログラマーを雇わないと仕事が間に合わないほどひっ迫しているという業界事情があるのです。経験のないプログラマーの年収が平均を引き下げているため、プログラマーの年収はやや低く感じるかもしれませんが、プログラマーとして実績を積むことができれば、確実に年収は上がるでしょう。

キャリアパスの流れ

プログラマーのキャリアパスの流れは、プログラマーから始まり、システムエンジニアを経てプロジェクト・リーダー、プロジェクト・マネージャーとなっていきます。仕様書の通りにプログラミング作業をするだけのプログラマーから、クライアントの要求を聞いて仕様書を作るシステムエンジニアになり、システムエンジニアとして経験を積めばプロジェクトを進めるリーダーや、それを統括するマネジャーになることもできます。

マネジメントやマーケティング、企画や経営などにも精通するプログラマーになることができれば、さまざまな分野で活躍することができるでしょう。システムの多様化により、専門知識を持つ「エキスパート系プログラマー」の必要性も出てきています。

6. プログラマーは今後どうなる?

プログラマーの仕事は、今後どうなっていくのでしょうか。プログラマーの仕事は長時間にわたって作業が必要なことも多かったのですが、長時間労働が問題になりプログラマーの働き方に変化が見られ始めています。プログラマーというと夜遅くまで仕事をしているようなイメージがあるかもしれませんが、そのような状況は徐々に改善されているのです。たとえば、必要以上に働かせないように時間管理をしたり、待遇の改善を行ったり、プログラマーの働く環境は良くなってきています。

優秀な人材を育成するために研修を実施する企業も増えるなど、プログラマーの需要は増加しています。経験のないプログラマーでも雇いたい企業もあるという現状からもわかるように、世の中の仕組みはどんどんシステム化する方向に変わってきているのです。そのため、プログラマーやシステムエンジニアの需要が高まるのは自然なことでしょう。労働環境に不安があるという人は、派遣のプログラマーであれば残業が少ないというメリットがあります。プログラマーの派遣求人は多く、「残業少な目」などのキーワードで検索することで、残業時間の多くない求人を探すこともできます。

7. プログラマーになるためにはどうすれば良い?

プログラマーになりたいと思ったら、どうすればよいのでしょうか。プログラマーになるためには、まずプログラミング言語を習得する必要があります。プログラミング言語に触れたことがないという人も、独学でもよいのでプログラミングを始めてみることが大切です。最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れるとパズルのような感覚で楽しく勉強することができます。独学が不安であれば、インターネットで利用できる学習サービスもたくさんあるため、それらを利用してみるのもよいでしょう。

今は別の仕事に就いているがプログラマーにも興味があるという人には、仕事をしながらでもプログラミングを学べる公共職業訓練や専門学校などもあります。結果的にプログラマーにならなかったとしても、プログラミングの知識はさまざまな仕事に役立つため、プログラミングの勉強を始めて損はないでしょう。プログラミングの知識はないが、今すぐプログラマーになりたいという人は、未経験でも歓迎となっている求人に応募するという方法もあります。

プログラマーになりたい人は今すぐにでもチャレンジしよう!

プログラマーは需要が高まっている仕事で、仕事環境も改善されつつあります。順調にキャリアを積むことができれば、収入も大幅にアップするでしょう。プログラマーからシステムエンジニアやプロジェクト・リーダーにキャリアアップしていくことも可能です。

Scroll Top ページ上部に戻る