派遣のデータ入力とはどんな仕事?自分のスキルが通用するか知りたい!

派遣のデータ入力とはどんな仕事?自分のスキルが通用するか知りたい!

派遣の求人では「データ入力」の募集が多くありますが、未経験で応募を考えている人にとっては不安なことも多いのではないでしょうか。たとえば、「自分にはデータ入力で要求される程度のタイピングスキルがあるのか」「どうしたら他の人に差を付けることができるのか」などです。そこで、今回は派遣のデータ入力の仕事内容や資格などについて紹介します。

1. データ入力とは何をやる仕事なのか

データ入力といっても、派遣先の会社や部署によって具体的な作業内容は異なります。最も多いパターンは、あらかじめ用意された入力フォームやExcelなどに売上伝票や顧客情報、各種契約書類などを入力する作業です。また、データ入力だけでなく電話応対など他の事務作業を含めた業務となるケースも少なくありません。たとえば、コールセンターなどは顧客からの電話に対応しながら顧客データを入力することが多いでしょう。一般企業に派遣される場合も、データ入力の他にExcelやWordなどで文書作成を行うケースがほとんどです。どこまでが業務範囲とされているのか気になる場合は、求人企業の担当者に電話やメールなどで問い合わせてみると良いでしょう。派遣会社に登録している場合は派遣会社のアサイン担当者を通じて確認できます。募集に記載された詳しい内容をよくチェックすることにより、その職場でどのようなスキルが求められているのかを判断できます。データ入力の求人には「未経験者歓迎」としているものも少なくありません。中にはブラインドタッチができなくても可とされているものもあるでしょう。また、入力と修正作業ができる程度のパソコンスキルがあれば問題ないと記載されているなど、データ入力の未経験者にとってもハードルが低い募集もあるのです。データ入力は事務職としてキャリアを積むスタート地点ともいわれており、業務の中でスキルアップしていけば良いという傾向があります。ですから、あまり難しく考えすぎずに応募してみると良いでしょう。

2. データ入力で検索すると出てくるキーパンチャーとは?

求人サイトなどで「データ入力」というキーワードで検索すると、簡単なデータ入力の求人だけでなく「キーパンチャー」の求人も検索結果に表示される場合があります。データ入力とキーパンチャーは似た仕事のように見えますが実際は全く異なる仕事のため、注意が必要です。ここではキーパンチャーの仕事内容について詳しく紹介します。

キーパンチャーとは?

キーパンチャーは「データエントリー」「キーオペレーター」「電算オペレーター」と呼ばれることもあり、高度で専門的なスキルを必要とする仕事です。募集内容に「電算」「データセンター」といった単語が含まれている場合は、簡単なデータ入力ではなくキーパンチャーのスキル保持者の求人と考えて良いでしょう。キーパンチャーの業務はExcelやWordといったオフィスソフトを使用して文書を作成するものではありません。電算機というパソコンとは異なる専用マシンを駆使して、名簿や伝票といった、さまざまな種類の膨大なアナログ情報を正確に、かつ、スピーディーにデジタル化していく仕事です。

キーパンチャーの仕事内容は?

データ入力の仕事が基本的に日本語の文章や単語、数値を入力する作業であるのとは異なり、キーパンチャーは英数字や記号、カナなどの情報入力をメインで行います。また、データ入力が他の事務作業などと兼任になるケースが多いことに対し、キーパンチャーは電算機でひたすらデータを入力することに専念する職種です。キーパンチャーの入力作業にはスピードが重要となるため、タッチ回数が多くなりやすいローマ字入力や漢字変換は行いません。その代わりにカナ入力や、2タイプで漢字を出せる「連想入力」という特殊な方法を使用します。カナ文字入力をするためにはローマ字入力とは異なるキー配列を会得しなければなりません。また、キーパンチャーの入力作業には正確さが強く要求されるため、「エントリー(初回入力)」と「ベリファイ(2回目の入力とチェック・修正)」の2段階で行われます。エントリーとベリファイは別人の2人が分担することになっており、特にベリファイ担当になるためには高い熟練度とスキルが必要です。キーパンチャーは専門的な職種であり需要も高いため、実力を付けてスキルアップすれば時給アップも期待できます。 2-3.貴重な特殊技能の持ち主は優遇される! キーパンチャーは入力速度を上げるために「連想方式」という専門的な漢字入力方法を用いて作業を行います。連想方式には「KIS(ケイアイエスまたはキス)」と「カンテック」の2種類があり、いずれも1つの漢字ごとに定められた2つのキーをタイプするというものです。たとえば、「山」という漢字をローマ字入力する場合、「YAMA」と4つのキーをタイプしてから変換しなければなりません。一方、KISではカナ入力で「やま」、カンテックでは「ヒマ」と2つのキーを操作するだけで「山」という漢字を出すことが可能です。KISの入力コードは読みをそのままカナ入力に当てはめたり、分解したカナや熟語、英訳した場合の音を当てはめたりして入力コードが定められています。カンテック方式ではカナをそのまま入力コードにしている例もあれば、漢字の部署や熟語、漢字の意味から連想される2音などがコードになっている例もあるのです。同じ漢字でもKISとカンテックでは入力コードが異なるため、それぞれを習得しなければなりません。キーパンチャーの求人では「KISかカンテックのうち、どちらかができれば良い」としているものが一般的ですが、中にはどちらか1つに限定しているケースもあります。連想入力方式は覚えるまでが大変かもしれませんが、慣れてしまえば変換ミスなどもなく正しい漢字を一発で入力できるため、作業速度が向上します。そのため、連想入力経験者は年齢を問わずに重宝されることが多く、派遣であっても好待遇で迎えてもらえるのです。

3. 自分のレベルはどのくらい?入力スピードをアピールするには?

データ入力に応募するにあたり、自分のタイピングスピードが標準よりも速いのか、それとも遅いのかについて気になる人もいるでしょう。自分では判断が難しい場合は、以下で紹介する3つの検定試験でどのくらい点数が取れるかを基準にすることができます。

4. キータッチ2000

「キータッチ2000」は日本商工会議所が認定する公的な資格です。画面にランダムに表示される文字を10分間できるだけ速くタイプし、得点を証明します。10分間に2000文字の入力を達成すれば「ゴールドホルダー認定書」を獲得できるのです。「キータッチ2000」は、どちらかといえばタイピング初級者を対象にした検定で受験料も1540円とリーズナブルなため、気軽に受験できます。試験会場は全国のパソコンスクールなどです。検定結果だけでなく、検定試験の前にタイピング練習をすることによってタイピングの速さと正確さを養える点も「キータッチ2000」を受験するメリットといえます。

5. ビジネスキーボード

「ビジネスキーボード」は「キータッチ2000」の上位資格として日本商工会議所が認定する公的な資格です。「日本語・英語・数値」の3科目で画面に表示された文章や単語を正確に入力し、「S・A・B・C・D」の5段階で評価されます。ビジネス実務で求められるスキルは一般的にCランク以上です。満点はSランクで、3科目でSランクを獲得すると「ビジネスキーボードマスター認定証」が授与されます。「ビジネスキーボードマスター認定証」を取得しておけば、入力速度を重視する企業の求人に応募する場合にも強力な武器となるでしょう。受験料は2570円で、「キータッチ2000」と同様に全国のパソコンスクールやビジネススクールなどで受験できます。試験施行日も多いため、多忙な人でも受験しやすい検定試験です。

6. e-typingでスキルレベルを申告することも

タイピングサイトの成績を根拠としてタイピングスキルのレベルをアピールするという方法もあります。たとえば、有名タイピングサイト「e-typing」を利用すれば1分間の入力文字数や全国レベルなども把握でき、自分のタイピングスピードがどれだけ通用するかの目安にできるのです。また、面接などでタイピングスピードについて質問された場合に「1分間あたり何文字」と答えることができるため、相手にレベルを伝える基準になります。「e-typing」に無料会員登録をすれば練習記録を保存することが可能です。練習を続けるうちにタイピングスキルが向上していく度合いを自分で把握しやすいため、励みになるでしょう。

7. 派遣会社に登録する際は資格は必要ない

データ入力の仕事は初心者でもできる簡単な作業から専門性と高いスキルを必要とするものまで幅広くありますが、資格を持っていない人でも始めることができます。派遣会社に登録するときも、資格は特に必要ありません。タイピングスキルに自信がある場合は検定を受けて結果をアピールすることも効果的ですが、派遣会社に登録できるかどうかは所持資格とは無関係です。登録後にタイピングスピードの測定をする派遣会社は多いですが、それは登録スタッフのレベルを把握するためのスキルチェックとして行われます。タイピングスピードが遅いからといって登録を取り消される恐れはありません。

8. データ入力がメインでない職種もある

派遣先がデータセンターなど電算を使用する情報処理サービス業でない場合、データ入力といえば一般企業でパソコンを使ったデータ入力作業を意味します。定型の入力フォームにデータ入力をする場合や、Excel・Wordなどを使用した書類作成業務がメインです。そのため、タイピングスキルに加えてExcelのマクロやVBA、AccessやPowerPointといったオフィスソフトを使いこなすスキルがあれば、さらにアピールできる材料が増えます。データ入力においてキーパンチャーのようなスピードを要求されるケースはそれほど多くありません。ブラインドタッチができる程度のタイピングスキルがあれば問題ないとされる場合もあります。ただし、データ入力以外に電話対応や社員の補助といった業務を兼ねる場合が多いため、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルなどが重視される場合もあるのです。

9. どんな性格の人がデータ入力に向いているの?

コツコツとした作業が苦にならない人や、手や指先を使う細かい作業が好きな人はデータ入力の仕事に向いているといえるでしょう。さらに、集中力や持久力、注意力もあればパーフェクトです。また、スピードが重視されるキーパンチャーなどでは負けず嫌いな人のほうが成長するともいわれています。キーパンチャーは作業中に周りと会話をする必要がないため、コミュニケーションが苦手な人にも比較的、向いているといえるでしょう。とはいえ、コミュニケーションスキルやビジネスマナーも備えていたほうが良いに越したことはありません。派遣先の上司や同僚と良い関係を築けるほうが派遣契約更新のチャンスも増すというものです。

10. さらにステップアップを目指したい人は

データ入力は長く働いてスキルを積めばステップアップしていくことが可能な仕事です。毎日のようにデータ入力を続けることによって、タイピングは確実に速くなります。加えて、データ入力で実績とスキルを身に付ければ、派遣契約満了後も次の仕事の選択肢が増え、幅広い職種に挑戦できるようになるのです。また、スキルアップに伴って時給も上がり、短時間でも効率の良い稼ぎ方ができます。多くの派遣会社では無料のトレーニングを提供しており、タイピング以外にExcelやWordなどの技能も無料で習得することが可能です。また、研修専用スペースやインストラクターによる指導があったり、必要な技能を選んでインターネットで学べるe-ラーニングシステムが提供されていたりすることもあります。派遣会社のオフィスにはステップアップをサポートする環境が数多く用意されていることも登録の大きなメリットです。

11. 派遣は女性に嬉しい特典が盛りだくさんで働きやすい!

派遣には「短期・長期・単発」といった、さまざまな働き方があるため、家庭の事情や自分の都合に合わせて働く時間を選ぶことができます。勤務時間や勤務日についても、「5時間以内」「週3日以内」「16時まで」「残業なし」「午前中のみ」など、フレキシブルに働くことが可能です。派遣には独身女性から既婚女性まで、さまざまなライフステージの女性にとって働きやすい環境を自分で選べるという長所があるといえるでしょう。また、派遣先には大企業も多いため、食事や買い物などにも便利なロケーションにオフィスがあったり、福利厚生が充実していたりするケースもあります。たとえば、「社員食堂や制服を利用できる」「最寄り駅から送迎バスを利用できる」といったメリットを享受できるのです。

スキルが上がると時給も上がる?派遣で有利に働こう!

派遣ならライフステージの変化に応じて、さまざまな働き方を選べます。育児中など働く時間に制限がある場合でも自分のペースで働けるため、ワークライフバランスを向上させることが可能なのです。さらに、スキルがあればアルバイトやパートよりも有利な条件で仕事ができます。派遣会社には登録社員のステップアップをサポートするシステムがあるため、未経験の人も簡単なデータ入力の仕事から始めてみてはいかがでしょうか。

自分に合った派遣会社に出会うには?

サチコさん、派遣会社が多すぎてどれを選んだらいいか分かりません! 派遣会社を選ぶときの一番重視すべきポイントは、なんだと思いますか? う~ん。やっぱりサービス内容が充実しているかどうかですかねぇ。 サービス内容も重要ですが、一番大事なのは、求人数です!派遣の場合、実際に働くのは派遣会社ではなく、派遣会社が紹介する会社なので、求人数が多いほど、理想の仕事にたどり着きやすいのです! 求人数の多い派遣会社に登録することで選択肢が広がるんですね! その通り!派遣サーチがおすすめする求人数が多い派遣会社は、 スタッフサービス です。
こちらの記事では、派遣会社の選び方から職種別の求人数まで、理想の派遣会社に出会うための情報満載なので、こちらも合わせて読んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る