※本ページはプロモーションが含まれています。

派遣の仕事に適した服装を解説!気になる「オフィスカジュアル」の基準も大調査

派遣の仕事に適した服装を解説!気になる「オフィスカジュアル」の基準も大調査

仕事を始めるためには、いろいろな注意点がでてきます。服装も例外ではありません。やはり、その場に合った服装を心掛けることが大切です。派遣スタッフとして働く場合も同じではないでしょうか。また、派遣会社に登録すると、働く前に登録会や顔合わせもあるため、それぞれに最適な服装をすることが望まれます。ここでは、派遣の仕事に適した服装について説明していきましょう。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

派遣の仕事での服装もチェックしよう!

派遣の登録が終わり、就業先が決まれば派遣のお仕事がスタートします。
そのときに困らないように、予習をしておきましょう!

まずは派遣先のルールを確認

派遣スタッフとして働くためには、派遣先企業のルールを知っておく必要があります。
その職場ならではのルールがあることも少なくないからです。
そのうえで、仕事に支障をきたさない服装を意識するのはいうまでもないでしょう。

職場に馴染む服装を意識

新しい職場へ行くと、その場の雰囲気に慣れるまでが大変です。
派遣先では覚えることもたくさんあります。
スタッフの名前と顔を一致させるのに苦労する人もいるでしょう。

このように大変ななかでも、まわりの人全員が自分に注目していることも知っておく必要があります。
これは、どのような職場へ行っても避けては通れません。
派遣の仕事は多くの職場を経験することが多いだけに、職場の空気に馴染むための努力が求められます。

無難なのはオフィスカジュアル

派遣の仕事には、デスクワークや接客などいろいろな職種があるため、それぞれに最適な服装を心掛けることも大事なポイントです。
もし、服装に決まりがない職場で働く場合は、オフィスカジュアルを意識するとよいでしょう。
スーツのような堅苦しいイメージはありませんが、きちんとした服装なのでビジネスシーンにおすすめです。
そのため、ビジネスカジュアルとも呼ばれています。

オフィスカジュアルを心掛けるポイントは、派手な色やデザインなどの服装を避けることです。
そのためには、黒をはじめとする落ち着いた色合いのものを選ぶと無難です。
また、ジャケットにはきちんとした印象が強いため、これを機に購入しておくとよいでしょう。

服装に決まりがない職場でも、個性が強すぎる服装は避ける必要があります。
たとえば、普段着として重宝するジーンズやTシャツが適さない職場が少なくないことを知っておきましょう。
アパレル業界など、その人の個性が求められるところもありますが、すべての職場に向いているとは限りません。
ラフすぎる服装からは、だらしない印象を与えることも考えましょう。

クールビズの関係上、夏場の上着は必須ではありません。
しかし、露出度の高い服装は避けることが大切です。
胸元が大きく開いた上衣や、丈の短いスカートは止めましょう。
袖付きのブラウスに膝丈のスカートを合わせるのが無難です。

パンツ(スラックス)にするなら、シンプルなデザインで細身のものを選びます。
もちろん、派手な色や柄を控えることも大事なポイントです。
清潔感を演出するには、服装選びに慎重になる必要があります。

メイクと髪型も派手過ぎずに

職場のなかで浮いた存在にならないためには、服装だけでなくメイクやアクセサリーにも気を付ける必要があります。

メイクはナチュラルメイクを心掛けることが大事なポイントです。
たとえば、ファンデーションやリップなどを購入するときは、清潔感のある色を選びましょう。

また、つけまつげには派手な印象があるため、付けるのはよくありません。
その一方で、ノーメイクはマナー違反になるため、避けるようにしましょう。

女性の楽しみの一つにヘアスタイルがあります。
ヘアスタイルは服装や持ち物に合わせてアレンジができるだけに、こだわる人もいるでしょう。
職場でのヘアスタイルは、よほど目立つものでなければ大丈夫な場合が多いです。
しかし、ファッション要素が強いヘアスタイルは、職場向きではないことを知っておきましょう。
髪が長い人は、一つにまとめることで清潔感が出せます。
また、髪をまとめることで、仕事に集中できるメリットもあります。
カラーリングをしている人は、仕事に就くまでに元の色に戻しておくとよいでしょう。

ピアス・ネイルも最初はつけない方が良い

人を見た目で判断することは望ましくないとはいえ、見た目の印象で損をすることも考えておく必要があります。
ピアスやイヤリングなどをどうするかも気になるところです。
こちらも職場によって異なりますが、最初はつけないほうが無難です。
もし、ネイルをするなら透明なものを塗りましょう。

これらのオシャレについては、まわりの人がどうしているかを見ながら、その場に適した方法で取り入れると安心です。
アパレル業界などファッション性を重視するところもあるため、その場の空気を読むことが大事なポイントです。
もちろん、派遣先企業にもよるため、どのような形がよいのかはケースバイケースです。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

女性におすすめ「テンプスタッフ」


「オフィスカジュアル」の基準を大調査!この服装はアリ?ナシ?

派遣サーチでは、派遣社員500名を対象に、女性のオフィスカジュアルに関するアンケートを行いました。
対象となる服装は、オフィスカジュアルとして認められるかスレスレのものをピックアップ。
実際にどのくらいの人が「アリ」だと考えているのか、参考にしてみましょう。

調査概要

■調査日:2019年12月17日~12月19日
■調査方法:インターネット調査
■調査対象:派遣経験者(523名)


.
ノースリーブやシースルートップスなど、露出度が高いものは受け入れられにくいです。
パーカーやTシャツは、業種業界によってはOKなこともあるようですね。

.
ワンピースは、今回調査した中ではもっともオフィスカジュアルとして受け入れられていました。
ジャンパースカートやロング・マキシスカートは避けた方が無難かもしれません。

.
スニーカーやフラットシューズが許されている職場は少なくはないということがわかりました。
サンダルは、基本的にはNGと考えて良いでしょう。

.
冬の服装で迷うのがブーツ。
ローファーについては許容しているところが一定ありますが、ブーツをオフィスにはいていくのは控えた方が良さそうです。

派遣の仕事に合った服装で働こう!

自分はもちろん、周囲の人が気持ちよく働くために服装選びは欠かせません。派遣の仕事ではオフィスカジュアルな服装が基本です。また、派遣会社の登録会はラフな服装が可能ですが、顔合わせではビジネスシーンに適したスーツなどを着たほうが無難です。信頼できる派遣会社を選ぶことで服装の確認もできます。そのため、派遣会社選びが大事なポイントになるといえます。派遣の仕事に合った服装を把握したうえで働きましょう。

▼おすすめ派遣会社

サービス名

女性におすすめ「テンプスタッフ」

Scroll Top ページ上部に戻る