※本ページはプロモーションが含まれています。

高時給を狙える派遣の仕事は?選び方や時給アップのコツを解説

高時給を狙える派遣の仕事は?選び方や時給アップのコツを解説

派遣の仕事を探すにあたり、どのような仕事なら高時給を狙えるのか、気になっている人も多いでしょう。同じ派遣社員でも、仕事の種類によっては時給に大きな差が生まれます。本人の経験やスキルによっては、給与アップの交渉を行うことも可能です。そこで、高時給の仕事が多い職種や仕事の選び方、時給アップのポイントなどを紹介します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

高時給の派遣の仕事の種類って?

派遣の仕事の中でも特に高時給なのが、専門的な知識や資格が求められる仕事です。
たとえば、同じ事務職でも、OA事務や営業事務と、通訳や翻訳を行う英文事務とでは時給が異なります。
OA事務や営業事務は人気が高いものの、平均時給は約1,500円と、他の職種と大きな差はありません。
一方、英文事務の平均時給は約1,700円と、事務職の中では高い傾向があります。
特に、外資系企業の事務職は時給が高い傾向にあるので、事務職で稼ぎたい人や、語学スキルを生かした仕事をしたい人は狙ってみるのも良いでしょう。

また、エンジニアなどIT系の仕事も、専門的な技術が求められるため、他の職種より時給は高めです。
平均時給は約2,000円ですが、本人のスキルや経験次第では、さらに高時給の求人を狙うことも可能でしょう。
未経験者の場合、スタート時の時給は1,800円前後の会社が多いです。
派遣会社によっては、未経験者に対するフォローアップを行っている場合もあるので、IT系の仕事を希望する人は、まず派遣会社に相談してみるのも1つの方法です。

看護師や薬剤師などの資格が必要な仕事も高時給の求人が多く、さまざまな年齢層の人が活躍しています。
時給2,000円を上回る高時給案件も珍しくありません。
医療系や福祉系の仕事は、未経験者でも比較的時給が高めに設定されているのが特徴です。
ただし、所持している資格や経験の有無によって時給が大きく変わるため、時給アップを目指す場合は研修に参加したり、資格を取得したりする必要があります。
医療系や福祉系の仕事を希望する人や、スキルアップを目指している人に向けた研修を開催している派遣会社もあるので、積極的に利用しましょう。

WEBデザイナーやカラーコーディネーター、ライターなどクリエーター系の仕事も専門的な技術や知識を求められる仕事ですが、未経験者と経験者では時給に大きく差がつきます。
スタート時の時給が低くても、粘り強くじっくりとステップアップしていける人に向いている仕事です。
経験やスキルが身につけば、将来的に高時給の仕事を狙うこともできます。
中には2,500円以上の高時給案件もあるので、仕事を通して自身の技術や知識を磨いていきたい人にとってはやりがいがある職種です。

高時給の派遣の仕事を見つけるためのチェックポイント

派遣で高時給の仕事を見つけるには、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。まずは、都心部の求人を重点的にチェックすることです。都心部の求人は大企業のオフィスが密集していることもあり、他の地域よりも時給が高く設定されている傾向があります。インセンティブ制度のある会社も多く、より仕事に対するモチベーションが上がるでしょう。関東地方であれば東京都23区内、特に新宿区や渋谷区の求人をチェックすると、高時給の求人を探しやすいです。関西圏であれば大阪市中央区に絞って探してみましょう。 専門的な資格やスキルを持っている人なら、それらを生かせる仕事を探せば、高時給の求人が見つけやすいです。たとえば、英語や中国語をはじめとする外国語の言語スキルは、外資系の企業に限らず、あらゆる業種において活躍します。また、プログラミングなどIT系の知識やスキルを持っている人は、システムエンジニアやプログラマーのような専門性の高い求人を探してみるのも1つの方法です。言語スキルやITスキルに限らず、得意な分野があれば、求人を探す際の検索ワードに取り入れてみましょう。さらに、求人に応募する際や面接の際のアピールポイントにすれば、時給アップや採用率アップにつながります。 土日出勤のある仕事や深夜帯の勤務がある仕事も、時給が高めに設定されていることが多いです。土曜日や日曜日、祝日に時給が上がる仕事を選べば、平日に休みがとれたり、Wワークがしやすくなったりなどのメリットもあります。なお、深夜帯とは22:00から翌日の5:00までの時間帯です。労働法という法律により、深夜帯業務の業務には、深夜労働手当を支払うよう定められています。金額は会社により異なりますが、原則として日中の時給の25%を割増賃金として支払わなければいけません。高時給の仕事を希望する人は、深夜から明け方にかけて働ける求人に絞って探してみるのも良いでしょう。 派遣で高時給の仕事を見つけるには、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。
まずは、都心部の求人を重点的にチェックすることです。
都心部の求人は大企業のオフィスが密集していることもあり、他の地域よりも時給が高く設定されている傾向があります。
インセンティブ制度のある会社も多く、より仕事に対するモチベーションが上がるでしょう。
関東地方であれば東京都23区内、特に新宿区や渋谷区の求人をチェックすると、高時給の求人を探しやすいです。
関西圏であれば大阪市中央区に絞って探してみましょう。

専門的な資格やスキルを持っている人なら、それらを生かせる仕事を探せば、高時給の求人が見つけやすいです。
たとえば、英語や中国語をはじめとする外国語の言語スキルは、外資系の企業に限らず、あらゆる業種において活躍します。
また、プログラミングなどIT系の知識やスキルを持っている人は、システムエンジニアやプログラマーのような専門性の高い求人を探してみるのも1つの方法です。
言語スキルやITスキルに限らず、得意な分野があれば、求人を探す際の検索ワードに取り入れてみましょう。
さらに、求人に応募する際や面接の際のアピールポイントにすれば、時給アップや採用率アップにつながります。

土日出勤のある仕事や深夜帯の勤務がある仕事も、時給が高めに設定されていることが多いです。
土曜日や日曜日、祝日に時給が上がる仕事を選べば、平日に休みがとれたり、Wワークがしやすくなったりなどのメリットもあります。
なお、深夜帯とは22:00から翌日の5:00までの時間帯です。
労働法という法律により、深夜帯業務の業務には、深夜労働手当を支払うよう定められています。
金額は会社により異なりますが、原則として日中の時給の25%を割増賃金として支払わなければいけません。
高時給の仕事を希望する人は、深夜から明け方にかけて働ける求人に絞って探してみるのも良いでしょう。

派遣の仕事の時給を上げるには?

派遣の仕事の時給を上げるには、就業先に交渉をしたり、資格を取得したりなどの方法があります。
ただし、原則として派遣社員が就業先へ直接給与の交渉をするのは禁止です。
時給アップの交渉をしたいときは、派遣会社の窓口や営業担当者へ相談しましょう。
相談する際は、最初に求人の内容と実際の業務内容に相違がないか確認します。
万が一、契約を結ぶ際に知らされていた業務内容と、実際の業務内容や仕事量が大幅に異なる場合は、そのまま諦めず営業担当者に相談してみましょう。
事前に聞いていた業務内容との相違点や、予想より負担が大きかった点などを強調して伝えれば、時給アップの交渉をしてくれる可能性が高くなります。

ただし、一方的に要望を伝えるだけでは、交渉は成立しません。
時給を上げる正当な理由を用意することも大切です。
たとえば、1つの就業先に長く勤めていると、責任のある業務に携わることもあります。
重大な業務を任されるということは、就業先に経験やスキルを認められているということです。
そのため、仕事の責任が重いと感じたことを時給アップの理由として伝えると、交渉が成立しやすいでしょう。
また、業務に関する資格を新しく取得した場合も、時給アップの正当な理由になります。
たとえ就業した直後には時給を上げる理由がなかったとしても、半年から1年程経過すれば理由が生まれることもあるでしょう。

時給アップの交渉をするタイミングが分からないという場合は、契約更新時に営業担当者へ相談してみるのも1つの方法です。
更新する度に交渉を持ちかけると、イメージダウンにつながってしまうので、就業から1~2年経過してから伝えるのが無難です。
2年目になると、就業当初に比べて仕事内容や仕事量も大きく変わり、責任も重くなるので、大幅な時給アップが期待できます。
なお、全ての派遣会社が時給アップの交渉をしてくれるとは限りません。
日系の派遣会社では、時給や給与の交渉には応じないというルールが決められている場合もあるため注意しましょう。

あらかじめ給与アップの交渉を視野に入れている場合は、外資系の派遣会社を選ぶという方法もあります。
外資系派遣会社には交渉を得意とする営業担当者が多く、ひとりひとりの担当者に与えられている権限も多いため、本人の熱意が伝われば交渉に踏み切ってくれる可能性が高いです。
ただし、正当な理由があっても、基本的に時給アップの交渉は厳しくなると考えておいたほうが良いでしょう。
場合によっては別の派遣会社に移る程度の強い覚悟が求められます。

高時給の派遣の仕事でしっかり稼ごう

派遣の仕事は、職種によって時給が高く設定されているものもあります。
ここで紹介した高時給の仕事の特徴も踏まえたうえで、自分に合った条件の求人を探しましょう。
また、高時給の仕事を多く扱っている派遣会社を選ぶことも大切です。
高時給の仕事を狙っているものの、経験やスキルがないという人は、積極的にフォローを行っている派遣会社を探してみましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る