服装自由の派遣では何を着たらいい?ふさわしい服やメイクって?

服装自由の派遣では何を着たらいい?ふさわしい服やメイクって?

服装自由としている派遣先では、何を着たら良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。服装自由の場合でも気を付けたいポイントがいくつかあります。この記事では服装が自由な派遣にふさわしいスタイルやメイクなどについて紹介していきますので、派遣先での服装で悩んでいる人や、これから派遣で働くことを検討している人などはぜひ参考にしてみてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2022年8月 | 派遣会社 厳選3社

Adecco(アデコ)

優良企業の事務職求人が多い!

スタッフサービス

求人数17,000件の派遣会社!

PASONA(パソナ)

「高時給」のお仕事を多数紹介!

服装自由の派遣にふさわしいスタイル

派遣社員の服装については派遣先によっても異なりますが、事務のような内勤の場合、服装自由としているところが多いです。
正社員と派遣社員で服装を区別するケースはほとんどなく、疑問があるときは周りの人を参考に選ぶと良いかもしれません。
基本的には会社のルールやTPOに合わせたスタイルをしましょう。

服装自由としている職場の場合、最も適しているのはオフィスカジュアルです。
オフィスカジュアルとはスーツほど堅苦しくなく、オフィスに適したスタイルのことを指します。
アイテムを選ぶときは派手な色や柄のものは避け、黒や白、ネイビー、グレー、ベージュなどの落ち着いた色味のものを選ぶと良いでしょう。
ジャケットがあるとよりフォーマルな場にも対応ができます。
服装自由の職場で最初に何を着て良いのか悩んでしまったら、スーツを選ぶのもひとつの方法です。
ビジネスシーンにおいて万能なスーツスタイルは、控えめで好印象なため職場でも浮きません。
ただし、スーツを着る場合には事前にシワや自分に合ったサイズかどうかを確認しておき、だらしない印象にならないように注意しましょう。

派遣に適したスタイルを選ぶ際に、最も重要なのは清潔感があることです。
そのため、服にシワがあるものやサイズが合っていないもの、また露出度の高い服装は、服装自由としている派遣先であっても避けるようにしましょう。
仕事をするうえで相手に悪印象を与えないようにすることは社会人として必須といえます。
常識の範囲内で自分に合ったスタイルを考えてみましょう。

服装自由の派遣で避けたほうがいいものは?

服装自由の派遣では、清潔感のあるものやフォーマルな印象を与えるものを選ぶようにしましょう。
カジュアルなものや悪印象を相手に与えかねないスタイルは、服装自由としている職場であっても避ける必要があります。
例えば、タンクトップや短パンなどはラフ過ぎる印象のためビジネスの場にはふさわしくありません。
キャミソールやミニスカートなどの露出度の高い服装についても、避けたほうが良いでしょう。
その他、ジャージやスウェットなどはだらしない印象になってしまうためこちらも避けるようにします。
Tシャツやパーカー、デニムなどプライベートで着る印象の強いアイテムについては、カジュアルな印象は強くなりますが、職場によっては問題ないケースもあるため、確認したうえで取り入れると良いでしょう。
ただし、このようなカジュアルなアイテムであっても清潔感は必須となります。
よれよれのTシャツやダメージジーンズなどは避け、相手に好印象を与えるような服装を心がけることが大切です。

アクセサリーや靴についても服と同様に配慮が必要です。
アクセサリーは派手なものではなく、なるべく控えめで小ぶりなものを選ぶようにしましょう。
大きいものや音が出るようなものは周りの迷惑にもなってしまうため注意が必要です。
靴はあまりヒールが高くないパンプスにストッキングが定番です。
シンプルなデザインのパンプスであれば毎日の服装にも合わせやすく、オフィスでも浮きません。
なるべく歩くときに音が鳴らないものにしましょう。
ストッキングは黒やベージュなどを合わせるようにします。
鞄はサイズが小さすぎるものはカジュアルな印象になりがちなので避けたほうが良いでしょう。
書類が入るサイズのものでベーシックカラーを選ぶと使いやすいです。
靴や鞄が汚れていると清潔感がないと思われてしまうため、定期的に汚れがないか確認しておくことも重要です。

押さえておきたいメイクや髪形のポイント

派遣のときに気を付けなければならないのは服装だけではありません。
メイクや髪形についても押さえておくべきポイントがあります。
相手に好印象を持ってもらいやすいのは自然な黒髪であるため、髪を染める場合にはなるべく黒に近いカラーにすると良いでしょう。
過度に明るいカラーや奇抜なカラーは相手にあまり良くない印象を与えかねません。
また、あまりにも奇抜な髪形は仕事向きとはいえないため避けましょう。
女性で髪の毛が長い場合には、まとめたほうがすっきりとして好印象に見せることができます。
男性の場合には長髪は避け、ひげは必ず剃るようにしましょう。

ビジネスシーンで最も適しているのはナチュラルメイクです。
派手なメイクは避けるようにしましょう。
ただし、ビジネスの場ではノーメイクもマナー違反となります。
メイクでも清潔感を演出できるよう、メイクアイテムは色味の強いものを避け、血色を良く見せるものや自然な肌色に近いものを選ぶと良いでしょう。
淡いカラーでチークとリップの色を合わせると、統一感が出て仕上がりが良くなります。
つけまつげやカラーコンタクトは派手な印象になってしまうため、派遣先では避けるようにしましょう。
その他、強い香りの香水は周囲に迷惑をかけてしまうこともあるため注意が必要です。
派遣先での身だしなみは清潔感があり、みんなが気持ち良く仕事ができるものであることが重要になります。
メイクや髪形についても周りに迷惑をかけず、相手に好印象を持ってもらえるよう配慮することが大切です。

派遣の登録会や顔合わせも服装自由?

派遣社員として働く場合、まずは派遣会社に登録をしなければなりません。
その際、派遣会社が開催する登録会に参加することも多いです。
そのときの服装はどのようなものを選べば良いのでしょうか。
一般的に登録会のような場では、オフィスカジュアルよりもさらにカジュアルなスタイルでも良いとされています。
実際に派遣先に出向くわけではないので、就職活動の面接時や派遣先との顔合わせのときのように気を使う必要はないですが、登録会は派遣会社からクライアントに紹介できるかどうかや、仕事をしっかりしてくれるかどうかなどを判断される場でもあるため、オフィスカジュアルに準じた服装であることが望ましいでしょう。

派遣先が派遣社員を選ぶ行為をすることは禁止されていますが、実際には顔合わせという名目で勤務前に面談が行われることも多く、この面談で不採用となるケースもあるため、服装には十分注意していきましょう。
顔合わせに出向く場合の服装はスーツが最も適しています。
リクルートスーツではなく、黒やグレーなど落ち着いた色合いの一般的なビジネススーツを選びましょう。
女性の場合、インナーはシンプルなシャツやカットソーで、足元は黒いパンプスにベージュのストッキングが基本です。
男性の場合は無地やストライプなど控えめなデザインのネクタイを合わせます。
スーツは自分の体型に合ったものを選び、シワや汚れがないようしっかりチェックしておきましょう。
万が一、身だしなみや服装に不安がある場合には、あらかじめ派遣会社の担当者に確認してもらうのも良いかもしれません。

服装自由の派遣にふさわしい身だしなみを整えよう

服装自由の派遣においても、ビジネスに適した服装をしなければなりません。
ビジネスにふさわしい服装は自分だけでなく、周囲のためにも大切なことです。
不安な点があれば派遣会社の担当者に相談してみましょう。
そのためには、信頼できる派遣会社を選ぶことが重要になります。
必要なことをしっかり確認しつつ、服装自由の派遣にふさわしくなるよう身だしなみを整えましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る