※本ページはプロモーションが含まれています。

子育てと両立できるって本当?シングルマザーが派遣を選ぶ理由は?

子育てと両立できるって本当?シングルマザーが派遣を選ぶ理由は?

シングルマザーとして働くときにどのような雇用形態を選ぶのかは悩むポイントでしょう。派遣で働いているシングルマザーも多くいますが、どのような理由があるのでしょうか。派遣は比較的融通が利きやすくシングルマザーにとっても働きやすいといわれていますが、そのほかにも理由があるのです。この記事では、シングルマザーが派遣を選ぶ理由について詳しく解説していきます。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

派遣ってどんな働き方なの?

派遣とは、派遣会社に登録して紹介された企業で働く方法のことをいいます。
正社員やパート、アルバイトの場合には、働く先の企業が雇用主となりますが、派遣の場合には違います。
雇用主は紹介先の企業ではなく、あくまでも派遣会社なのです。
実際に仕事をすることになるのは紹介先の企業ですし、業務の指示なども紹介先企業から受けることになります。
しかし、給与の支払いは派遣会社から受けることになります。
また、福利厚生なども派遣会社のものを受けることになるのです。

派遣の場合には、契約期間が決まっているのも特徴でしょう。
契約期間が終了するたびに更新するか終了するかを選ぶことになります。
また、派遣では労働者派遣法によって同じ派遣先で働けるのは最長で3年までと定められています。
そのため、同じ派遣先で働く期間が3年を過ぎた場合には、派遣先に直接雇用をしてもらう、もしくは別の派遣先を紹介してもらう必要があるのです。

シングルマザーが派遣を選ぶ理由1:子どもとの時間をとりやすい

シングルマザーが派遣を選ぶ理由としては、子どもとの時間がとりやすいことが挙げられます。
正社員として働いている場合には、どうしても残業や長時間労働をしなければいけないケースもあるでしょう。
しかし、派遣で働く場合には契約で明確に就業時間が決められています。
そのため、サービス残業などの心配がないのです。
子どもがまだ小さい場合には、原則として無理な残業をさせられる心配のない派遣はメリットが大きいでしょう。
また、残業をしたとしてもしっかりと割増賃金として給与に反映されるので安心です。

毎日決まった時間に帰ることができるのもメリットになります。
シングルマザーの場合には、すべてのことを一人でおこなう必要があります。
まだ小さい子どもなら保育園に迎えに行く必要がありますし、子どもの夕飯も作らなければいけないでしょう。
派遣は、就業時間がきっちりと決められているため、毎日同じ時間に帰って母親としての時間を過ごすことができます。
一定のリズムで生活できることは、子どもにとってもメリットになります。

派遣の場合には、時短勤務の求人を選ぶことも可能です。
たとえば「残業なし」「週4勤務」「午後3時まで」というような、時短勤務の求人は多くあります。
時間や働く日数の融通が利きやすいので、シングルマザーとして仕事と子育てを両立しやすくなっているのです。
また、土日祝日が休める仕事も多いので、子どもの休日に合わせて休むことができ、一緒に過ごすことができるのもメリットでしょう。

シングルマザーが派遣を選ぶ理由2:比較的時給が高い

派遣の仕事は時給が比較的高いことも魅力のひとつです。
派遣の仕事は、アルバイトやパートと同じように時給制となっています。
しかし、派遣の場合にはアルバイトなどよりも時給が高いケースがほとんどです。
どちらの働き方もある程度時間の融通が利きますが、同じように働くのなら時給が高いほうがいいでしょう。
特に、シングルマザーは一人で子どもを育てていくわけですから、給料の高さは重要なポイントになります。
職種にもよりますが、一般的なアルバイトやパートの時給は900~1000円程度のものが多いでしょう。
派遣の場合には、時給1200~1600円ぐらいのものも珍しくはないため、給料面での待遇は大きな差があるのです。

働き方や職種によっては、正社員並みに稼げるケースも少なくはありません。
シングルマザーとして働いても、月に20万円程度は稼ぐことができる職種も数多くあります。
生活に余裕ができることで精神的にも余裕ができるため、ママだけでなく子どもにもいい影響があるでしょう。

シングルマザーが派遣を選ぶ理由3:正社員になれる可能性がある

派遣で働く場合、日ごろの頑張りや能力が評価されて正社員登用されるケースもあります。
正社員として働きたくてもなかなか採用されない場合も多いでしょう。
職場によっては、派遣やパートなどの非正規雇用から、正社員として雇用する動きを活発にしているところもあります。
人手不足の影響もあり、能力があったりまじめに働いていたりすれば、正社員として雇用されるケースも珍しくはありません。
子どもが小さいうちは時間の融通が利きやすい派遣もいいのですが、大きくなってくれば安定した正社員のほうが都合がいいというママさんも多いでしょう。
派遣としてしっかり仕事をこなすことで、将来的に安定した正社員の道が開けることもあるのはメリットになります。

また、一定期間派遣社員として働いた後に、派遣先の企業に直接雇用してもらえる可能性のある紹介予定派遣という働き方もあります。
紹介予定派遣とは、お試し期間のような感じで派遣として最長6カ月間働いてから、直接雇用してもらうかどうかを決めることができるのです。
そのため、正社員として入ってみたら職場の雰囲気が悪かった、仕事内容が合わないといったミスマッチが起こりにくくなります。
もちろん、紹介先の企業による審査もあるため、希望したから必ず直接雇用されるというわけではありませんが、通常の採用試験を受けるよりも可能性は高くなるでしょう。
シングルマザーの場合には、合わなかったからといって気軽に仕事を辞めることは難しいことも多いので、紹介予定派遣を使って企業との相性を見るのもひとつの方法になります。

シングルマザーが派遣で働くときの注意点

派遣はシングルマザーが働きやすい方法のひとつですが、注意点もあります。
まずは、子育てに対する理解が不足している場合があることです。
基本的には時間の融通が利き働きやすい派遣ですが、紹介先の企業によっては子育てに対して理解がないケースもあるでしょう。
子育てにはさまざまなトラブルがつきものです。
子どもが急に発熱してしまう、保育園などの都合で休みを取らなければいけないなど、会社に迷惑がかかるケースもあるでしょう。
その場合、子育てに対する理解が不足していると、勤務シフトをずらすなどの対応をしてくれない、小言を言われるなどの問題が起こるケースもあるのです。
そのため、シングルマザーとして派遣先を選ぶのなら、子育てへの理解がある企業を選ぶと安心して働くことができます。

派遣会社選びも重要なポイントになります。
派遣会社は数多くあるので、その中から自分に合う派遣会社、信頼できる担当者がいる会社を選ぶことが重要なのです。
どの会社でもいいといった意識で選ぶと、自分の希望の職種があまりない、十分なサポートをしてくれないといったトラブルに遭う可能性もあるので、派遣会社選びは慎重におこないましょう。
派遣会社選びのポイントとしては、求人数が多いことやシングルマザーでも無理なく働ける事務職などの求人が多いことが挙げられます。
また、福利厚生が充実していることや女性の就業を支援しているような派遣会社を選ぶのもいいでしょう。
スタッフの対応や求人数などを口コミサイトで比較してみるのも、良い方法になります。

派遣ならシングルマザーでも働きやすい!

派遣は働く時間を調整しやすく、収入もしっかりと確保できるのでシングルマザーでも働きやすい方法のひとつです。
シングルマザーとして派遣で働くのなら、信頼できる派遣会社を選んで派遣先を紹介してもらうようにしましょう。
シングルマザーや子育てに理解のある企業を紹介してもらうと安心して働くことができます。
派遣を選んで子育てと仕事を両立して、子どもと幸せな暮らしをしましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る