※本ページはプロモーションが含まれています。

営業アシスタントはどんな仕事?仕事内容や魅力って?

営業アシスタントはどんな仕事?仕事内容や魅力って?

営業アシスタントはどんな仕事なのでしょうか。営業の補佐をやる仕事なのかと想像する人もいるでしょう。営業アシスタントは大変なところもありますが、やりがいが大きく魅力的な仕事です。ここでは、営業アシスタントの仕事内容や魅力について説明していくので、挑戦してみたいと考えている人は、是非参考にしてみてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

営業アシスタントの仕事内容は?

営業アシスタントとは、その名の通り、営業職をアシスタントする役割を担っています。
具体的には、営業職をサポートし、デスクワークなどの手助けをする仕事です。
なお、営業アシスタントと似ている職務として、営業事務を挙げることができます。
どちらも、営業職をサポートすることが主な仕事内容です。
しかし、名前ややるべき仕事内容は似ているものの、厳密にいうと、営業アシスタントと営業事務の仕事は異なっているのです。

営業事務はデスクワークのみを任されることが多いですが、営業アシスタントは外回りに同行する場合もあるという点が主な違いといえるでしょう。
顧客情報の管理や電話、メール対応に加えて、そのような業務が発生します。
デスクワークも重要な仕事ですが、お客様に会って、直接話を聞いたり商品の提案をしたりすることも、営業としては大切な仕事なのです。
ただし、営業アシスタントと営業事務には、このような違いがあるにもかかわらず、会社によっても異なるので、営業アシスタントであっても外回りに行かず、デスクワークのみを担当するというケースもあります。

そのため、営業アシスタントの枠で採用された場合でも、実際の業務は営業に関係する経理などの事務作業がメインとなることもあるので注意が必要です。
営業アシスタントとして仕事がしたいという場合は、面接の段階で、入社後にどのような仕事を任せてもらえるのかを聞いておくと良いかもしれません。
外回りにも行けると思っていたのに、デスクワークばかりで自分の思っていた仕事内容と違う、というようなミスマッチを防ぐことができるでしょう。

また、その逆もあるかもしれません。
デスクワークだけをやりたいと思っていたのに、外回りに行くことが多かったというケースも考えられます。
入社後にもやもやとした気持ちにならないようにするためにも、入社前にしっかり確認をしておくほうが良いです。

営業アシスタントの仕事内容の魅力

営業アシスタントの仕事内容の魅力としては、まず、営業職をサポートしながらノウハウを学ぶことができ、営業職へキャリアアップの可能性があるという点を挙げることができるでしょう。
将来的には営業職をやりたいと考えている人には、その前段階としておすすめの職種です。
営業アシスタントとして働いている人の中には、ゆくゆくは営業職に転身したいと思いながら働いている人も多くいるほか、会社によっては、営業職を任せる前に、まずは営業アシスタントで腕を磨いてほしいと考えているところもあるようです。

営業アシスタントは、営業職の補佐をおこなうので、営業職の仕事を間近で見ながら、それに関係のある仕事をすることが可能です。
営業職の仕事を覚えることができるため、営業職に転身する場合も、有利になることが多いと考えられています。
また、営業アシスタントは、電話やメールなどで顧客とコミュニケーションをとる機会が多く、さまざまな人とやり取りができます。
そのため、実践的なビジネスマナーを身につけられるという点も魅力となっているのです。
社会人としてのスキルが身に付くことで、やりがいを感じる人も多くいます。

さらに、サポート役に徹することで、人の役に立つという経験ができるというのも、営業アシスタントならではです。
営業アシスタントがいなければ、営業職は外回りだけでなく、デスクワークをはじめとして、細かな作業を一人でこなさなくてはいけません。
仕事量も膨大になってしまうので、効率よく仕事ができないという状況になる可能性が高いです。
そのような事態にならないように、営業アシスタントがサポートをおこなうので、感謝されやすい状況で仕事をすることができます。
誰かの役に立っていることを実感しやすい職種なので、仕事に対するモチベーションアップにもつながるでしょう。

営業アシスタントの仕事の大変なところ

魅力がたくさんある営業アシスタントですが、営業アシスタントとして働いていくと、大変なこともあります。
具体的には、まず、サポートしている営業職に合わせて仕事をするため、残業をすることも多いということが挙げられます。
営業アシスタントは、デスクワークに加えて、外回りも業務に入っていることが多いのです。
そのため、繁忙期など、外回りに行く頻度が高かったり、お客様からの注文が多かったりする場合には、業務時間のなかだけでは仕事が終わらないという可能性もあります。

また、自分の担当している仕事が終わらないという場合だけではなく、営業職の人の帰社時間が遅くなってしまうと、残業になってしまうというケースも考えられます。
営業職の人が外回りで持ち帰ってきたデータを元に処理をしなくてはいけないというような場合は、何時に戻ってくるのかによって、残業になるのか、ならないのかが変わるでしょう。
そのように、仕事の進み具合が営業職の人によって左右されるということもあるので、毎日の退社時間が読みづらいということもあるようです。
残業が続くと体力的にも精神的にもきつくなってしまう人もいるので、事前にそのような可能性があるということを覚えておく必要があるのでしょう。

さらに、顧客とのやり取りをする機会が多いことから、ときにはクレーム対応をしなければならない場合もあるということが挙げられるのです。
感謝されることも多い営業アシスタントですが、何か問題が起きたときに対応をおこなわなくてはいけません。
怒鳴ってくるようなお客様もいるので、仕事だと思って割り切ることや、気にしすぎないことがストレスを溜めないコツです。

営業アシスタントに向いている人って?

営業アシスタントに向いている人の特徴としては、いくつかの点が挙げられますが、まず、さまざまな人とやり取りするため、高いコミュニケーション能力が必要といえます。
相手が伝えたいことは何なのか、どのようなことが求められているのかを読みとって行動できるとより良いでしょう。
また、忙しい営業職のミスを防ぐためには気配りができるかどうかも重要です。
いくつかのお客様を掛け持ちしている場合、忙しいときなどはいたるところでミスを起こしてしまうということも考えられます。
そのようなミスをなるべく最小限にとどめるためにも、上手にフォローすることが大切なのです。

このほかにも、チームで協力しながら作業するのが得意な人のほうが働きやすいといえるでしょう。
営業アシスタントは、営業職の人や、周りのメンバーと連携を取りながら仕事を進めることもあります。
周囲の人との関係を良好に保ちながら仕事をすることで、スムーズに進めていくことが可能です。
自分一人でコツコツ作業を進めていくだけではないので、そのような行動が苦にならない人が営業アシスタントとして向いているといえます。

仕事内容に興味があるなら営業アシスタントを目指そう!

営業アシスタントは忙しい営業職をサポートする仕事であり、やりがいが大きいことが分かるでしょう。
目標を達成したときの達成感も大きく感じられます。
派遣会社に登録するなら、営業アシスタントの募集も多くあり、未経験でも始めやすいのが特徴です。
仕事内容に興味があるなら、ぜひ、営業アシスタントを目指してみましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る