※本ページはプロモーションが含まれています。

翻訳者になるにはどうしたらいい?仕事内容や必要なスキルって?

翻訳者になるにはどうしたらいい?仕事内容や必要なスキルって?

外国語を扱う人の中には、翻訳者を目指す人も大勢います。しかし、実際になるにはどうしたらいいのか、その道筋が分からない人も多いのではないでしょうか。翻訳者になるにはもちろん、一定の語学力が最低限必要です。ここでは、翻訳者になるために押さえておきたいことを、その仕事内容などにも触れながら説明していきます。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

翻訳の仕事って具体的に何をするの?

翻訳の仕事は、簡単にいってしまえば、外国語を日本語に訳す、反対に日本語を外国語に訳すことを主とします。
もちろん、中には外国語を別の外国語に翻訳することもあるでしょう。
ひと口に翻訳といっても、その対象はさまざまです。
小説やビジネス書などの書籍関係はもちろん、映画の字幕や吹き替え、そのほかの文書まで多岐にわたります。
世界的に愛される小説や映画は、翻訳家によって生まれるといってもあながち間違いではないでしょう。
「翻訳」と聞くと、映画の字幕や吹替をイメージする人が多いようです。
求人にかかることは営業や事務などに比べるとそれほど多くはないので、具体的な仕事内容までをイメージすることは少ないかもしれません。
しかし、民間的な仕事から、国際的な翻訳まで大小さまざまな内容があり、当然社会において欠かせない役割を担っています。 また、言語の数だけ翻訳の仕事があるといって過言ではありません。
代表的なのはやはり、共通言語とされる英語の翻訳です。
特に、日本語を英語にするよりは、英語を日本語に翻訳することが多いです。
もちろん、そのほかにもドイツ語やフランス語など、ありとあらゆる言語を翻訳していきます。
趣味として違う言語を勉強したいという人のために翻訳されることも多いですが、たとえば中国語などはビジネスで使うシーンも増えています。
そういったビジネスシーンのために翻訳の仕事が舞い込んでくることも、当然考えられるでしょう。
このように、自分の興味や専門的な知識に基づいて行うことができるのが、翻訳の仕事です。
自分のペースで仕事を進めることもできるので、中には在宅で業務を行ったり、フリーランスとして従事したりする人も数多くいます。
それもメリットの一つといえるでしょう。

翻訳の仕事の種類

翻訳の仕事は多種多様ですが、それらは大きく3つに分類することが可能です。

実務翻訳

まず、実務翻訳と呼ばれる種類があります。
大雑把にいってしまえば、一般企業のビジネスや官公庁で使用する契約書やマニュアルなどの翻訳をおこなう仕事です。
しかし、その分野は非常に数多く細分化され、日本で発生する翻訳の約90%が実務翻訳に分類されます。
たとえば、機械やIT関連などの技術に関する内容や、医療や化学、または法律、金融など、産業界に関するほぼすべてのニーズがあるといっても過言ではないでしょう。
そのため、語学スキルのみならず、特定の分野での知識を一定以上必要とします。
また、一般的には実務翻訳の場合、組織に属することが多く、より安定的に翻訳依頼を手にすることが可能です。
さらに、外国語から日本語への翻訳のみならず、日本語から外国語への翻訳も多く、たとえば英語などは特に、翻訳言語のライティングスキルが高いほど、高額な報酬を得られることも多くあります。

映像翻訳

二つ目は、映像翻訳と呼ばれる種類です。
海外の映画やドラマなどを翻訳する仕事がこれにあたります。
さらに細分化して、翻訳した内容を吹き替えのセリフにする吹き替え翻訳と、映像にのせる字幕翻訳の二つに分ける場合があります。
基本的にはスクリプトと映像を照らし合わせながら、作業を進めることが多いです。
字幕を作成する場合、一目見ただけで分かりやすい文章を作る能力が求められますが、カットごとに入れられる文字数も決まっています。
たとえば日本語へ翻訳する場合、外国語を正確に理解しつつ、制限の中でもっともふさわしい日本語へと翻訳できる日本語力も必要不可欠です。
また、スクリプトが手に入らない場合も、絶対にないとはいい切れません。
その場合には、映像を見ながら自力で細部まで聞き取る必要があります。
スラングなどの知識も必要なうえで、翻訳する言語の高いリスニング能力が重宝されます。

文芸翻訳

三つ目の種類は、文芸翻訳と呼ばれるものです。
小説や雑誌、また、文芸作品以外のビジネス書や学術書など、出版物全般の翻訳をする仕事のことを指します。
一般的に翻訳家と呼ばれるのも、文芸翻訳を主とする人です。
憧れの的とされることも多いですが、非常に狭き門でもあり、コンスタントに依頼を受け続けるのは難しいとされています。
当然のことながら高い翻訳能力に加え、作品をしっかりと理解して、読者にとって魅力的なストーリーテリング力も求められます。
翻訳家として世に名前が出ることも多いので、翻訳能力が高くてもストーリーテリング力が低いと、最悪の場合、バッシングを受けてしまうリスクも考慮しなければなりません。
一言に「翻訳」と言っても、多岐にわたります。

翻訳の仕事に必要なスキルや資格

基本的には、翻訳の業務において必須な資格はありません。
ただ、翻訳に関係する民間の資格は多数あります。
TOEICや実用英語技能検定のほか、JTA公認翻訳専門職資格試験といったさまざまな資格が存在しています。
しかし、一般的には翻訳の仕事の場合、あれば大幅に有利になるというわけではなく、自身のスキルの確認や、もしくはスキルアップのために資格試験があると認識しておいたほうがいいでしょう。

翻訳に役立つ関連資格

教育試験サービス「TOEIC」
公益財団法人日本英語検定協会「実用英語技能検定」
日本商工会議所「日商ビジネス英語検定」
日本工業英語協会「工業英語能力検定試験」
日本翻訳協会「JTA公認翻訳専門職資格試験」
日本翻訳連盟「JTFほんやく検定」
サンフレアアカデミー「翻訳実務検定TQE」


翻訳の仕事においてもっとも重要なことは、やはり翻訳する言語に関する高いスキルです。
基本的な会話表現から、ビジネスシーンに役立つ表現、文法に関する知識などを、常に意識しておくことが重要であって、資格自体はそれほど必要不可欠なものではありません。
その言語を使う国の文化や習慣も理解することも、より正確な翻訳には大切です。
歴史的背景がより高度な翻訳につながることも当然考えられます。
また、日本語に訳す場合も数多くあります。
外国語の知識のみならず、豊かな日本語力こそ必要不可欠なものといえるでしょう。

翻訳の仕事を始めるにはどうしたらいい?

正社員の翻訳者としての採用募集はまったくないわけではありません。
ただし、正社員として採用されるには深い知識や特別なスキルが求められることも多く、かなり狭き門です。
正社員としてスタートするには、実務経験が必要なことも多いでしょう。
すぐにでも仕事を始めたい場合、たとえば、翻訳会社のトライアルを受けて、合格した段階から仕事を受注できるようになることもあります。
または、コンテストを受けてそれが募集に引っ掛かれば、企業に勤めずとも翻訳の仕事を受け持つことも可能です。
しかし、それらは狭き門でもあります。
前述の通り、コンスタントに仕事を得られるようになるには、かなりの高いスキルが求められるでしょう。
翻訳の仕事は、契約社員・派遣社員として契約を結んだうえで任されることも多いです。
そのため、派遣の求人をチェックしてみると、翻訳の仕事が見つかりやすいといえます。
コンスタントに仕事を得られることでスキルアップを図ることができるほか、実力が認められれば正社員にキャリアアップすることも可能です。
多様化が進む社会において、外国語のスキルが高い人はより重宝される傾向にあります。
まずはスタートを切るために、派遣の求人を確認してみるのも一つの手です。

派遣の求人をチェックして翻訳の仕事に就こう!

翻訳者は自身の語学力を生かせる仕事であり、一定の高いスキルが求められるため、特定の人しか任されない責任の強い職種といえます。
しかし、その分やりがいも大きい仕事です。
語学力の向上や、そのほかにも社会的な知識を蓄えることが大切でしょう。
そのうえで、翻訳の仕事がしたいなら、まずは派遣の求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Scroll Top ページ上部に戻る