※本ページはプロモーションが含まれています。

派遣会社ヒューマンリソシアの無期雇用の特徴を詳しく解説

派遣会社ヒューマンリソシアの無期雇用の特徴を詳しく解説

労働者派遣法の改正によって派遣社員の無期雇用が推進される中、多くの人材派遣会社が無期雇用に対する独自の制度を設けるなど、さまざまな取り組みを積極的に実施しています。ここでは、ヒューマンリソシアの無期雇用の実態について解説していきます。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年7月 | 派遣会社 厳選3社

スタッフサービス

求人数16万件以上の派遣会社!

Adecco(アデコ)

優良企業の事務求人が多い!

労働者派遣法の改正によって派遣社員の無期雇用が推進される中、多くの人材派遣会社が無期雇用に対する独自の制度を設けるなど、さまざまな取り組みを積極的に実施しています。
ここでは、ヒューマンリソシアの無期雇用の実態について解説していきます。

ヒューマンリソシアの無期雇用はどういったものなのか

ヒューマンリソシアは、教育事業や介護事業を手掛けるヒューマンホールディングス株式会社の子会社であるヒューマンリソシア株式会社が運営する人材派遣会社です。
労働者派遣法の改正によって無期雇用が推進される中、多くの人材派遣会社がさまざまな取り組みを積極的に行っています。
ここでは、数多くある人材派遣会社の中でもヒューマンリソシアに焦点を充てて、無期雇用の実態について解説していきます。

派遣会社の無期雇用とは

1985年に労働者派遣法が成立し、人材派遣の歴史がスタートしました。
それ以降、派遣という働き方についてさまざまな議論がなされ、2015年の法改正によって、無期雇用という新しい働き方が登場しました。

派遣会社と無期限の雇用契約を結び勤務すること

これまでの派遣という働き方は、3カ月や半年などと期限が決まっているのが一般的でした。
派遣の期限を迎えると、その度に雇用契約を更新していくというスタイルを維持してきましたが、派遣先から更新されなければ勤務終了となることが難点でした。
一方の無期雇用とは、派遣の期限に関わらず長期間働くことができるというスタイルで、人材派遣会社と雇用契約を結んでいるため、万が一次の派遣先が決まらない場合でも給与が発生するという特徴があります。
そのため、期限が決まっている派遣という働き方と比べると、無期雇用という働き方は期限を迎えることで職を失うという心配はなく、人材派遣会社と雇用契約を結んでいる以上、勤務し続けることができるということになります。

条件を満たせば自分から申し出できる

現在は、無期雇用という新しい働き方に向けて、派遣のような有期契約を結んでいる労働者に対して、無期雇用への転換が推進されている状況です。
ただし、同じ派遣元企業で5年以上の契約を結んでいることが無期雇用に転換する条件となっています。
そのため、労働契約法が改正された2013年から5年を経過するのが2018年となり、現在は派遣という働き方に関して大きな契機を迎えていると言えます。
なお、同じ派遣元企業と5年以上の契約を結んでいることが条件となっている無期雇用への転換ですが、「希望すれば」という文言があるため、条件を満たしていることに加えて本人が申し出ることで、人材派遣会社の無期雇用となることができるということになります。

無期雇用の様々なメリット

無期雇用という働き方は、派遣の期限に関わらず長期間働くことができるため、期限直前に更新の有無に対する不安を解消できるという精神面においても、安定しやすい働き方と言えるでしょう。
また、期限が設けられている派遣は時給制が一般的ですが、無期雇用になると月給制となるので安定した収入を得ることができます。
さらに、正社員同様、賞与があることに加えて、交通費や残業代も支給されます。
その他には、派遣先の業務が終了したとしても、人材派遣会社との雇用契約が結ばれた状態であるため、雇用関係は継続できるなどの数多くのメリットが挙げられます。
近年では、人材派遣会社に登録する派遣社員を対象とした福利厚生は改善傾向にありますが、無期雇用では正社員に近いレベルでの福利厚生の充実というメリットがあり、結婚や出産などでライフスタイルに変化があったとしても、産休や育休などを取得しやすいと言えるでしょう。

基本的に派遣先が固定になる事が多い

人材派遣会社に登録する派遣の場合、登録時に勤務先や業務内容などの希望する条件を伝え、希望に合った派遣先を紹介してもらうという仕組みが一般的です。
そのため、期限を迎えても、条件に合う次の派遣先を紹介され、希望に合わなければ断ることもできますが、基本的には派遣先が頻繁に変わる可能性が高いのが現状です。
しかし、無期雇用の場合は、人材派遣会社と直接雇用になるため、派遣先の業務が終了するまでは派遣先が固定になることが多いのが現状です。
そのため、自分の希望に合う条件というよりも労働者を必要としている派遣先で優先的に働くことになり、派遣先が固定になるケースが多いと言えるでしょう。

無期雇用の働き方が向いている人

派遣という働き方は、3カ月や半年などと期限が設けられているため、結婚や出産によるライフスタイルの変化に応じて家庭と仕事を両立させたい人にとっては、働きやすいワークスタイルだと言えます。
一方の無期雇用という働き方は、月給制で安定した収入を得ることができ、正社員と同じ福利厚生や研修制度が充実しており、キャリアアップへのチャンスが豊富だと言えます。
そのため、将来的なキャリアプランを見据えてキャリアアップに対する魅力を感じる人にとっては、無期雇用という働き方は向いていると言えます。
しかし、ライフスタイルの変化に応じた自由な働き方ができる派遣に魅力を感じている人にとっては、無期雇用という働き方は向いていないと言えるでしょう。
また、無期雇用で契約を結んだ場合、派遣切りに合うという不安は解消されますが、フルタイムでの勤務となるため、正社員で働く場合と同様の時間を拘束されることになります。

ヒューマンリソシアの無期雇用への取り組み

無期雇用への転換がスタートし、多くの人材派遣会社が独自の制度を設けるなど、さまざまな取り組みを行っています。
それでは、ヒューマンリソシアでは、無期雇用に対してどのような取り組みが行われているのでしょうか。

現在登録している派遣スタッフにアンケートを実施

ヒューマンリソシアでは、2017年12月時点で登録している派遣スタッフに対して、無期雇用についてのアンケート調査を実施しています。
このアンケートでは、20~40代の937人の女性を対象としており、政府が推進している働き方改革や労働関連の法律に対する実感を調査しています。
その結果、現在の派遣での勤務に満足している人は全体の45%、無期雇用を希望する人は全体の24%、条件によっては無期雇用への転換を検討する人が全体の60%ということがわかりました。
参考データ


また、現在の派遣での勤務に満足していると回答した人の中で、現在の派遣におけるメリットは働き方を選べることだと挙げており、政府が推進している働き方改革に対する影響を感じている人はほとんどいないということがわかっています。
その他には、現在は自由の利く派遣という働き方をあえて選んでいる人は無期雇用に興味がなく、その他は条件によっては検討するという回答を得ています。
ちなみに無期雇用という働き方は、どのような条件で雇用していくかということが、人材派遣会社によって異なるのが現状です。
そのため、今後、人材派遣会社で無期雇用という働き方を検討している場合は、人材派遣会社が設けている制度をきちんと確認し、自分に合った制度を設けている人材派遣会社を選ぶことが大切だと言えるでしょう。

派遣ではなく転職という選択肢を持っている

ヒューマンリソシアは、無期雇用への転換を積極的に行っていないものの、派遣だけでなく紹介先企業と直接雇用を結ぶ正社員や契約社員の紹介に加えて、転職エージェントにも力を入れています。
そのため、派遣社員を自社の無期雇用に転換するのではなく、紹介料が発生する転職エージェントと合わせて運営しているのではないかと考えられており、他社の人材派遣会社とは異なるスタイルを貫いている印象です。

無期雇用の取り組み方は派遣会社によって大きく変わる

無期雇用への転換が推進される中、正社員に近い条件で長期間働くことができる新しい働き方は、非正規労働者に対する積極的な取り組みだと言えます。
しかし、無期雇用への転換がスタートしたのは2018年4月以降で、まだ日が浅いのが現状です。
そのため、無期雇用への転換が良い取り組みであるかということは、現在では明確にされていません。
また、無期雇用への転換を積極的に行う人材派遣会社も多く、その条件はさまざまであるため、自分に合った無期雇用に対する制度を設けている人材派遣会社を選ぶようにしましょう。

Scroll Top ページ上部に戻る