※本ページはプロモーションが含まれています。

転職の理由を面接で伝えるコツと模範解答

転職の理由を面接で伝えるコツと模範解答

転職の理由は、自分のキャリアや志向性を表すものです。面接で転職の理由を伝えるときは、ポジティブに、具体的に、相手に伝えることが重要です。この記事では、転職の理由を考える方法や、好印象を与える伝え方、本音の伝え方などを解説します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年4月 | 転職エージェント 厳選3社

doda

20万件以上の求人から、希望に合う会社を見つけよう!

ウズキャリ

第二新卒を徹底支援!

転職活動時の「転職の理由」が思いつかない

転職活動を始める前に、自分の転職の理由を整理しておくことは非常に重要です。転職の理由とは、自分がどんな仕事に興味があるのか、どんなスキルや経験を活かしたいのか、どんなキャリアを目指しているのかなどを表すものです。理由が明確であれば、自分に合った求人を探しやすくなりますし、面接でも自信を持って自己PRできます。
しかし、転職の理由を考えるのはなかなか難しいものです。特に、現在の仕事に不満がない場合や、転職先に対する希望が曖昧な場合は、転職の理由が思いつかないことがあります。そのような時は、以下のような方法を試してみましょう。

  • 自分の強みや得意なことを振り返る:自分がこれまでにやってきた仕事やプロジェクトの中で、どんなことにやりがいを感じたのか、どんなことで認められたのか、どんなことが得意なのか、などを振り返ってみましょう。自分の強みや得意なことを把握することで、自分がどんな仕事に向いているのか、どんな仕事に挑戦したいのかが見えてきます。
  • 自分の価値観や目標を考える:自分が仕事で大切にしていることや、将来の目標や夢などを考えてみましょう。自分の価値観や目標を明確にすることで、自分がどんな企業や組織に所属したいのか、どんな働き方や環境を求めているのかがわかります。
  • 市場や業界の動向を調べる:自分が興味のある分野や業界の動向やニーズを調べてみましょう。市場や業界の動向を知ることで、自分が今後どんなスキルや知識を身につけるべきなのか、どんなチャンスや課題があるのかがわかります。


これらの方法を試すことで、自分の転職の理由が思いつくかもしれません。転職の理由は、自分のキャリアや志向性を表すものですから、自分の内面に向き合うことが大切です。自分の転職の理由を見つけるためには、時間や労力がかかるかもしれませんが、転職活動の成功には欠かせないステップです。

「転職の理由」模範解答

転職の理由を考えたら、次はそれを面接で伝える方法を考えなければなりません。面接で転職の理由を伝えるときは、以下のポイントに注意しましょう。

  • ポジティブに伝える:転職の理由は、自分のキャリアや志向性を伝える機会です。現在の仕事に不満があっても、ネガティブな言い方は避けましょう。不満を言うのではなく、自分が何を求めているのか、何を成し遂げたいのかをポジティブに伝えましょう。
  • 具体的に伝える:転職の理由は、抽象的な言葉で伝えるのではなく、具体的な事例や数字で裏付けましょう。自分がこれまでにどんな仕事をしてきたのか、どんな成果やスキルを得たのか、どんな課題や問題に取り組んだのかなどを具体的に伝えましょう。
  • 相手に伝える:自分が応募した企業や職種にどうやって貢献できるのか、どんな価値を提供できるのかを伝えましょう。相手のニーズや期待に応えられるように、転職の理由をカスタマイズしましょう。


では、実際に転職の理由を伝えるとしたら、どのように言えばいいでしょうか。以下に、転職の理由の模範解答の例を示します。この例は、ITコンサルタントからAIエンジニアに転職するというケースです。

「私はこれまで、ITコンサルタントとして、さまざまな業界や業務の課題解決に携わってきました。その中で、AIや機械学習などの先端技術が、ビジネスや社会に大きなインパクトを与えるということを実感しました。私は、AIや機械学習の技術を自分の手で開発し、より直接的に価値を創造したいという思いが強くなりました。そこで、AIエンジニアに転職することを決意しました。

私は、ITコンサルタントとして、AIや機械学習のプロジェクトにも関わってきました。例えば、ある製造業のお客様の製品の品質管理にAIを導入したプロジェクトです。私は、AIの設計や開発に携わり、品質管理の効率化や精度向上に貢献しました。このプロジェクトでは、PythonやTensorFlowなどのAI関連の技術を学び、実践的なスキルを身につけることができました。

私は、AIエンジニアとして、さらに技術力を高めたいと考えています。特に、自然言語処理や画像認識などの分野に興味があります。私は、これらの分野で最新の研究や開発を行っている貴社に魅力を感じました。貴社のAIエンジニアとして、貴社のビジョンやミッションに沿った、革新的なAIソリューションの開発に携わりたいと思っています。私は、私の経験やスキルを活かして、貴社のチームに貢献できると自負しています。」

このように、転職の理由を伝えるときは、自分のキャリアや志向性をポジティブに、具体的に、相手に伝えることが大切です。面接官に自分の価値をアピールするために、転職の理由をしっかりと準備しておきましょう。

好印象を与えられる転職の理由を伝えよう

転職の理由を伝えるときは、面接官に好印象を与えることも重要です。面接官は、転職の理由から、応募者の性格や動機、適性などを判断します。面接官に好印象を与えるためには、以下のような転職の理由を伝えましょう。

  • 成長意欲がある:自分のスキルや知識を向上させたいという転職の理由は、面接官に好印象を与えます。成長意欲があることは、仕事に対する熱意や責任感を示すものです。自分がどんな分野に興味があるのか、どんなスキルや知識を身につけたいのかを具体的に伝えましょう。
  • チャレンジ精神がある:新しいことに挑戦したいという転職の理由も、面接官に好印象を与えます。チャレンジ精神があることは、仕事に対する主体性や創造性を示すものです。自分がどんなことに挑戦したいのか、どんな目標や夢があるのかを具体的に伝えましょう。
  • 貢献意識がある:自分の仕事で社会や人のためになりたいという転職の理由も、面接官に好印象を与えます。貢献意識があることは、仕事に対する情熱や使命感を示すものです。自分がどんな価値を提供したいのか、どんな問題を解決したいのかを具体的に伝えましょう。


これらの転職の理由は、自分のポジティブな面をアピールすることができます。面接官に好印象を与えるためには、自分の転職の理由を自信を持って伝えましょう。

「新しいことに挑戦したい」は良い転職理由なのか?

転職の理由の中でも、よく聞かれるのが「新しいことに挑戦したい」というものです。この転職の理由は、良い転職理由と言えるでしょうか?
答えは、「新しいことに挑戦したい」だけでは、良い転職理由とは言えないということです。この転職の理由は、あまりにも抽象的で、具体性や説得力に欠けます。

面接官は、この転職の理由から、応募者の本当の動機や適性を判断することができません。また、この転職の理由は、応募者が転職先に対する希望や期待が曖昧で、安定性や忠誠心に欠けるという印象を与える可能性もあります。
では、どうすれば「新しいことに挑戦したい」という転職の理由を良い転職理由にすることができるでしょうか?それには、以下のようなことを伝える必要があります。

  • 新しいことに挑戦したい背景:自分が新しいことに挑戦したいと思ったきっかけや経緯を伝えましょう。自分が現在の仕事でどんな課題や問題に直面したのか、どんなスキルや知識を身につけたいと思ったのかなどを具体的に伝えましょう。
  • 新しいことに挑戦したい理由の具体例:自分が新しいことに挑戦したいという理由を具体的な事例や数字で裏付けましょう。自分がこれまでに新しいことに挑戦した経験や成果を伝えましょう。また、自分が応募した企業や職種でどんな新しいことに挑戦したいのかを伝えましょう。
  • 相手へのメリット:自分が新しいことに挑戦したいという理由が、応募した企業や職種にどうやって貢献できるのかを伝えましょう。自分が新しいことに挑戦することで、どんな価値を提供できるのか、どんな問題を解決できるのかを伝えましょう。


これらのことを伝えることで、「新しいことに挑戦したい」という転職の理由を良い転職理由にすることができます。面接官に自分のチャレンジ精神や適性をアピールするためには、「新しいことに挑戦したい」という理由を具体的に、相手に伝えましょう。

転職理由には本音も含めた方が良い理由

転職の理由を伝えるときは、本音も含めた方が良いと言われますが、本当にそうでしょうか?答えは、「転職の理由には本音も含めた方が良いが、その際には相手に配慮することが必要」ということです。その理由は、以下のようなものがあります。

  • 信頼関係を築く:転職の理由には本音も含めることで、自分の正直さや誠実さを示すことができます。面接官は、応募者の本音を聞くことで、応募者の人柄や動機を理解しやすくなります。信頼関係を築くことは、転職活動の成功にとって重要な要素です。
  • 相性を確かめる:転職の理由には本音も含めることで、自分の価値観や目標を表現することができます。面接官は、応募者の本音を聞くことで、応募者の適性や相性を判断しやすくなります。相性を確かめることは、転職先での働きやすさや満足度に影響します。
  • 自己肯定感を高める:転職の理由には本音も含めることで、自分の選択や判断に自信を持つことができます。面接官は、応募者の本音を聞くことで、応募者の自己肯定感や自尊心を感じることができます。自己肯定感を高めることは、転職活動のストレスや不安を軽減することにつながります。


これらの理由から、転職の理由には本音も含めた方が良いと言えます。しかし、その際には相手に配慮することが必要です。相手に配慮するとは、以下のようなことを意味します。

  • ネガティブな本音は控える:転職の理由には本音も含めますが、ネガティブな本音は控えましょう。ネガティブな本音とは、現在の仕事や会社に対する不満や批判、応募先に対する不安や疑問などを指します。ネガティブな本音を伝えると、面接官に不快感や不信感を与えることがあります。ネガティブな本音は、ポジティブに言い換えるか、伝えないようにしましょう。
  • 相手の立場や感情を考える:転職の理由には本音も含めますが、相手の立場や感情を考えましょう。相手の立場や感情とは、面接官の目的や期待、関心や好みなどを指します。相手の立場や感情を考えると、自分の本音を伝えるときに、言葉や態度を調整することができます。相手の立場や感情を考えることで、コミュニケーションの質を高めることができます。


これらのことを守ることで、転職の理由には本音も含めた方が良いと言えます。面接官に自分の本音を伝えることで、自分の魅力や適性をアピールすることができます。

まとめ

この記事では、転職活動時の「転職の理由」が思いつかない場合の対処法や、模範解答の例、好印象を与えられる転職の理由の伝え方などを解説しました。転職の理由は、自分のキャリアや志向性を表すものですから、自分の内面に向き合うことが大切です。また、面接官に自分の価値をアピールする機会ですから、ポジティブに、具体的に、相手に伝えることが重要です。転職する理由をしっかりと準備して、転職活動に臨みましょう。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

転職派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。転職派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る