※本ページはプロモーションが含まれています。

退職届の用紙と書き方のコツ【ダイソー・コンビニ・コピー用紙の違いも解説】

退職届の用紙と書き方のコツ【ダイソー・コンビニ・コピー用紙の違いも解説】

退職届の用紙はどこで手に入れる?書き方はどうすればいい?ダイソーやコンビニで売っている用紙と、コピー用紙の違いは何? 退職届の書き方のコツや、退職届を提出する前に確認すべきこともお伝えします。退職届の用紙と書き方について、この記事を読むと分かります。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年4月 | 転職エージェント 厳選3社

doda

20万件以上の求人から、希望に合う会社を見つけよう!

ウズキャリ

第二新卒を徹底支援!

退職届の用紙や書き方のコツ

会社を辞めることを決意したあなた。次にやるべきことは、退職届を提出することです。しかし、退職届の用紙はどこで手に入れるのでしょうか?また、退職届の書き方には何かコツがあるのでしょうか?
この記事では、退職届の用紙の入手方法と、退職届の書き方のコツを紹介します。退職届は、あなたの会社との最後の契約書です。正しく書くことで、円満に退職することができます。

退職届の用紙はどこに売ってる?

退職届の用紙は、一般的には以下の場所で手に入れることができます。

ダイソーで売ってる?
ダイソーは、100円ショップの代表格です。様々な文房具や日用品が揃っています。退職届の用紙も、ダイソーで売っていることがあります。
ダイソーで退職届の用紙を購入するメリットは、安価で手軽に入手できることです。また、書式が決まっているので、書き方に迷うことがありません。
ダイソーで退職届の用紙を購入するデメリットは、在庫がない場合があることです。また、書式が決まっているからこそ、自分の言葉で書きたい場合には不向きです。

コンビニに売っている?
コンビニは、24時間営業の便利な店です。食品や飲料だけでなく、文房具や印刷サービスも提供しています。退職届の用紙も、コンビニで売っていることがあります。
コンビニで退職届の用紙を購入するメリットは、いつでも入手できることです。また、コンビニの退職届の用紙は、ダイソーと同様に書式が決まっているので、書き方に迷うことがありません。
コンビニで退職届の用紙を購入するデメリットは、価格が高い場合があることです。また、コンビニの退職届の用紙も、自分の言葉で書きたい場合には不向きです。

コピー用紙でもよい?
退職届の用紙は、ダイソーやコンビニで購入することができますが、必ずしもそうしなければならないわけではありません。コピー用紙でも、退職届として有効です。
コピー用紙で退職届を作成するメリットは、自分の言葉で書くことができることです。また、どこでも手に入れることができます。
コピー用紙で退職届を作成するデメリットは、書式が決まっていないので、書き方に迷うことがあることです。また、コピー用紙では、見た目があまりよくない場合があることです。

併せて知りたい退職届の書き方について

退職届の用紙を入手したら、次は書き方です。退職届の書き方は、以下の5つのポイントに注意してください。

  1. 宛名:退職届は、直属の上司人事部長など、会社の規定に従って宛名を書きます。宛名は、氏名役職名を明記します。例えば、「山田太郎部長殿」や「人事部長 鈴木一郎様」などです。
  2. 日付:退職届は、提出日を日付として書きます。日付は、和暦または西暦のいずれかで書きます。例えば、「令和6年2月9日」や「2024年2月9日」などです。
  3. 件名:退職届は、「退職届」という件名を書きます。件名は、宛名の下に中央寄せで書きます。例えば、「 退職届」と書きます。
  4. 本文:退職届は、退職の理由退職日を本文として書きます。退職の理由は、簡潔かつ丁寧に書きます。退職日は、年月日を明記します。本文は、敬語で書きます。例えば、「このたび、個人的な事情により、令和6年3月31日をもって退職させていただくこととなりました。」や「長年の勤務により、体調を崩してしまいました。このままでは仕事に支障をきたす恐れがありますので、2024年3月31日をもって退職いたします。」などです。
  5. 署名:退職届は、自分の氏名署名を書きます。氏名は、フルネームで書きます。署名は、自筆で書きます。氏名と署名は、本文の下に右寄せで書きます。例えば、「 田中花子」と書いて、その下に署名します。

退職の日付は退職予定日の2週間前までに書く

退職の日付は、退職予定日の2週間前までに書くのが一般的です。 これは、労働基準法第20条に基づく「退職の予告」の期間として定められています。 退職の予告をしない場合は、賃金の半額相当額を支払う義務が発生します。
ただし、会社との雇用契約や就業規則によって、退職の予告期間が異なる場合もあります。 その場合は、会社との契約や規則に従って退職の日付を書きましょう。

退職届は直属の上司に手渡す

退職届は、直属の上司に手渡すのが礼儀です。 退職届を手渡す際は、退職の理由や感謝の気持ちを伝えましょう。 また、引き継ぎや残務処理についても、協力的に対応しましょう。
退職届を手渡した後は、人事部や経理部などにも連絡しましょう。 退職に伴う手続きや書類の提出などを確認しましょう。

以上が、退職届の用紙の入手方法と書き方についての解説でした。退職届は、会社を辞める際に必要な書類です。用紙の入手方法や書き方に気をつけて、スムーズに退職できるようにしましょう。

まとめ

この記事では、退職届の用紙の入手方法と、退職届の書き方のコツを紹介しました。退職届は、あなたの会社との最後の契約書です。正しく書くことで、円満に退職することができます。
退職届の用紙は、ダイソーやコンビニで購入することができますが、コピー用紙でも有効です。自分の言葉で書きたい場合は、コピー用紙を使うとよいでしょう。
退職届を提出する前には、退職の意思を事前に伝えることも重要です。上司や人事に対する配慮として、退職の意思を伝えるときは、敬意と感謝の気持ちを表しましょう。
退職は、あなたの人生の大きな転機です。退職届の用紙と書き方について、この記事が参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

転職派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。転職派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る