※本ページはプロモーションが含まれています。

退職の伝え方・切り出し方のコツとマナー【例文あり】

退職の伝え方・切り出し方のコツとマナー【例文あり】

退職の伝え方・切り出し方は、あなたのプロフェッショナルさや人間性を示すものです。円満に会社をやめるためには、退職の意思、理由、日付、手続きや引き継ぎについて、上司に適切に伝える必要があります。この記事では、退職の伝え方・切り出し方のコツとマナーを解説し、退職の伝え方の例文や失敗例を紹介します。また、転職先が決まってから退職を伝えるべきかどうかについても触れます。退職の伝え方・切り出し方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年4月 | 転職エージェント 厳選3社

doda

20万件以上の求人から、希望に合う会社を見つけよう!

ウズキャリ

第二新卒を徹底支援!

円満に会社をやめるためにも退職の伝え方・切り出し方は大切

退職の伝え方・切り出し方は、あなたの今後のキャリアにも影響を与えることがあります。 円満に会社をやめることができれば、以下のようなメリットがあります。

  • 退職後も良好な人間関係を維持できる
  • 退職理由や経歴についての疑問や不信感を減らせる
  • 退職時の引き継ぎや手続きがスムーズに進む
  • 退職証明書や推薦状などの書類の発行をスピーディーにできる
  • 退職後に起こるトラブルやクレームを防げる
  • 退職後に再就職や転職をする際に、前職の評価や印象が良くなる


一方、退職の伝え方・切り出し方を失敗してしまうと、以下のようなデメリットがあります。

  • 退職後に悪口や噂を言われる
  • 退職理由や経歴についての疑問や不信感を増やす
  • 退職時の引き継ぎや手続きが遅れたり、トラブルになったりする
  • 退職証明書や推薦状などの書類の発行を遅らせたり、拒否されたりする
  • 退職後にトラブルやクレームが起こる
  • 退職後に再就職や転職をする際に、前職の評価や印象が悪くなる


退職の伝え方・切り出し方は、あなたのプロフェッショナルさや人間性を示すものです。 会社を辞めるという決断は、あなたの自由ですが、その方法は、あなたの責任です。 だからこそ、退職の伝え方・切り出し方には、細心の注意を払う必要があります。

退職の伝え方の例文

退職の伝え方・切り出し方には、以下の4つのステップがあります。

  • 退職の意思を伝える
  • 退職の理由を説明する
  • 退職日を提示する
  • 退職の手続きや引き継ぎについて確認する


これらのステップに沿って、退職の伝え方の例文を紹介します。 なお、例文は、直属の上司に退職を伝える場合を想定しています。

退職の意思を伝える

退職の意思を伝える際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 退職の意思ははっきりと伝える
  • 退職の意思は固いことを伝える
  • 退職の意思は自分の判断であることを伝える
  • 退職の意思を伝える前に、事前に上司に話があることを伝えて、時間と場所を確保する


退職の意思を伝える例文は以下の通りです。

○○さん、お忙しいところすみません。
今日は、私からお話があります。
私は、この度、会社を退職することを決めました。
この決断は、私自身がよく考えて、固く決めたことです。
突然のことで驚かせてしまって申し訳ありませんが、どうかご理解ください。

退職の理由を説明する

退職の理由を説明する際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 退職の理由は具体的に説明する
  • 退職の理由は前向きなものにする
  • 退職の理由は自分のキャリアや将来に関するものにする
  • 退職の理由は会社や上司に対する不満や批判にしない


退職の理由を説明する例文は以下の通りです。

私の退職の理由は、自分のキャリアを広げるためです。
私は、今までこの会社で多くのことを学び、成長することができました。
特に、○○さんのご指導やご支援には、感謝の気持ちでいっぱいです。
しかし、私は、自分の興味や能力をもっと活かせる分野に挑戦したいと思うようになりました。
そこで、私は、○○という業界に転職することを決めました。
私は、この業界で、自分の夢や目標に向かって、一から努力していきたいと思っています。
この決断は、決してこの会社や○○さんに不満があるからではありません。
むしろ、この会社や○○さんに感謝しているからこそ、自分の可能性を追求したいと思ったのです。

退職日を提示する

退職日を提示する際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 退職日は会社の規定に沿って決める
  • 退職日はできるだけ早めに伝える
  • 退職日は柔軟に対応できることを伝える
  • 退職日は日付と曜日を明記する


退職日を提示する例文は以下の通りです。
 
私の退職日は、2024年3月31日(水)とさせていただきたいと思います。
会社の規定では、退職の申し出は1か月前までにすることになっていますが、
できるだけ早めにお伝えしたかったので、今日お話ししました。
もし、退職日について何か問題がありましたら、柔軟に対応できるように努めますので、ご相談ください。

退職の手続きや引き継ぎについて確認する

退職の手続きや引き継ぎについて確認する際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 退職の手続きや引き継ぎは積極的に行うことを伝える
  • 退職の手続きや引き継ぎは具体的に計画する
  • 退職の手続きや引き継ぎは上司や関係者と連携する


退職の手続きや引き継ぎについて確認する例文は以下の通りです。
 
私は、退職に伴う手続きや引き継ぎについて、責任を持って行いたいと思っています。
退職の手続きについては、人事部に確認して、必要な書類や手続きを済ませます。
退職の引き継ぎについては、私の担当している業務やプロジェクトの状況や進捗をまとめて、後任者や関係者に引き継ぎます。
また、引き継ぎのスケジュールや方法については、○○さんと相談して決めたいと思います。
退職までの期間は、残された業務をしっかりと完了させるとともに、引き継ぎにも十分な時間を割くように努めます。

退職の伝え方失敗例!伝えるのが早すぎた

退職の伝え方・切り出し方には、タイミングも重要です。 退職の伝え方・切り出し方をするのが早すぎると、以下のようなデメリットがあります。

  • 退職の意思が揺らぐ可能性がある
  • 退職の意思が変わる可能性がある
  • 退職の意思が伝わらない可能性がある
  • 退職の意思が拒否される可能性がある
  • 退職の意思が周囲に広まる可能性がある
  • 退職の意思が評価や待遇に影響する可能性がある
  • 退職の意思が人間関係に影響する可能性がある


退職の伝え方・切り出し方をするのが早すぎる例は以下の通りです。
 
○○さん、ちょっと話があります。
私は、来年の4月に会社を辞めるつもりです。
まだ、転職先は決まっていないんですが、
自分のやりたいことを探したいと思っています。
だから、今のうちにお伝えしておきたかったんです。
どうか、ご了承ください。

このような退職の伝え方・切り出し方は、以下の点で失敗しています。

  • 退職の意思がはっきりと伝えられていない
  • 退職の理由が具体的でない
  • 退職日が明確でない
  • 退職の手続きや引き継ぎについて触れられていない


このような退職の伝え方・切り出し方をすると、上司は以下のように反応する可能性があります。

  • 退職の意思を真剣に受け止めない
  • 退職の意思を説得して変えさせようとする
  • 退職の意思を拒否して受け入れない
  • 退職の意思を周囲に漏らしてしまう
  • 退職の意思を評価や待遇に反映させる
  • 退職の意思を人間関係に影響させる


このように、退職の伝え方・切り出し方をするのが早すぎると、あなたにとって不利な状況になる可能性があります。 そこで、退職の伝え方・切り出し方をするタイミングには、以下のポイントを考えましょう。

  • 退職の意思が固まっていること
  • 退職の理由が明確であること
  • 退職日が決まっていること
  • 退職の手続きや引き継ぎができること


これらのポイントが揃ってから、退職の伝え方・切り出し方をするのがベストです。

転職先が決まってから退職を伝えよう

退職の伝え方・切り出し方には、転職先が決まってから伝えるのがベターです。 転職先が決まってから退職を伝えることには、以下のようなメリットがあります。

  • 退職の意思が固いことを伝えられる
  • 退職の理由が具体的で納得されやすい
  • 退職日が明確で調整しやすい
  • 退職後の生活やキャリアに不安がない


一方、転職先が決まっていないまま退職を伝えることには、以下のようなデメリットがあります。

  • 退職の意思が揺らぐ可能性がある
  • 退職の理由が曖昧で納得されにくい
  • 退職日が不確定で調整しにくい
  • 退職後の生活やキャリアに不安がある


転職先が決まっていないまま退職を伝える例は以下の通りです。
 
○○さん、お時間いただいてありがとうございます。
私は、この度、会社を退職することを決めました。
私は、自分のキャリアについて考え直したいと思っています。
まだ、具体的な転職先は決めていないんですが、自分のやりたいことに挑戦したいと思っています。
退職日は、できるだけ早めにしたいと思っていますが、まだ、決めていません。
どうか、ご理解ください。

このような退職の伝え方・切り出し方は、以下の点で失敗しています。

  • 退職の意思がはっきりと伝えられていない
  • 退職の理由が具体的でない
  • 退職日が明確でない
  • 退職の手続きや引き継ぎについて触れられていない


このような退職の伝え方・切り出し方をすると、上司は以下のように反応する可能性があります。

  • 退職の意思を真剣に受け止めない
  • 退職の意思を説得して変えさせようとする
  • 退職の意思を拒否して受け入れない
  • 退職の意思を周囲に漏らしてしまう
  • 退職の意思を評価や待遇に影響させる
  • 退職の意思を人間関係に影響させる


このように、転職先が決まっていないまま退職を伝えると、あなたにとって不利な状況になる可能性があります。 そこで、転職先が決まってから退職を伝えることをおすすめします。 もし、転職先が決まっていない場合でも、退職を伝える必要があるときは、以下のポイントを考えましょう。

  • 退職の意思が固いことを伝える
  • 退職の理由が明確であることを伝える
  • 退職日が決まっていることを伝える
  • 退職の手続きや引き継ぎができることを伝える


これらのポイントを押さえて、退職の伝え方・切り出し方をすることで、円満に会社をやめることができます。

まとめ

この記事では、退職の伝え方・切り出し方のコツとマナーを解説しました。 退職の伝え方・切り出し方には、以下の4つのステップがあります。

  1. 退職の意思を伝える
  2. 退職の理由を説明する
  3. 退職日を提示する
  4. 退職の手続きや引き継ぎについて確認する


これらのステップに沿って、退職の伝え方の例文を紹介しました。 また、退職の伝え方の失敗例として、伝えるのが早すぎる場合を紹介しました。 最後に、転職先が決まってから退職を伝えるべきかどうかについても触れました。
退職の伝え方・切り出し方は、あなたのプロフェッショナルさや人間性を示すものです。 円満に会社をやめることができれば、あなたのキャリアにもプラスになります。 逆に、退職の伝え方・切り出し方を失敗してしまうと、あなたの評判や人間関係にも悪影響を及ぼす可能性があります。
だからこそ、退職の伝え方・切り出し方には、細心の注意を払う必要があります。 この記事が、あなたの退職の伝え方・切り出し方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

転職派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。転職派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る