※本ページはプロモーションが含まれています。

未経験でも在宅ワークで正社員になれるの?どんな仕事があるのか職種も解説

未経験でも在宅ワークで正社員になれるの?どんな仕事があるのか職種も解説

在宅ワークで正社員になりたいと思っている人は多いでしょう。在宅ワークは、自宅で仕事ができるので、自分の時間を自由に使えたり、通勤時間や交通費を節約できたりするメリットがあります。 しかし、在宅ワークで正社員として働くことはできるのでしょうか。在宅ワークで働く人は、アルバイトやパート、フリーランスなどの非正規雇用が多いというイメージがある方もいるでしょう。 この記事では、在宅ワークとは何か、在宅ワークと完全在宅ワークの違い、在宅ワークが可能な正社員の仕事、未経験でも完全在宅ワークで正社員になれるかという点について解説します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年2月 | 転職エージェント 厳選3社

doda

2023オリコン満足度20代No.1

ウズキャリ

第二新卒を徹底支援!

在宅ワークとは?

在宅ワークとは、自宅で仕事をすることを指します。自宅以外にも、カフェや図書館などの外出先でも仕事ができる場合もあります。
在宅ワークには、インターネットやパソコン、スマートフォンなどの通信機器やソフトウェアを使って仕事をするテレワークと、通信機器やソフトウェアを使わないで仕事をするホームワークがあります。テレワークの例としては、ウェブデザインやプログラミング、ライティングや翻訳、オンライン教育やコンサルティングなどがあります。ホームワークの例としては、手芸や編み物、料理や菓子作り、絵画やイラストなどがあります。
在宅ワークは、自分のスキルや趣味を活かして仕事ができるという点が魅力です。

在宅ワークと完全在宅ワークの違い

在宅ワークと完全在宅ワークの違いは、会社のオフィスに出勤する必要があるかどうかです。在宅ワークは、自宅で仕事をするということですが、会社のオフィスに出勤することもあります。例えば、週に1回や月に数回、会議や打ち合わせのためにオフィスに出勤するというケースです。また、自宅以外の場所で仕事をすることもあります。例えば、クライアントとの面談や商談のために外出するという場合です。
対して完全在宅ワークの場合、会社のオフィスに出勤する必要はありません。また、自宅以外の場所で仕事をする必要もありません。完全在宅ワークは、自分のペースで仕事ができるというメリットがありますが、孤独感やコミュニケーション不足といったデメリットもあります。

在宅ワークが可能な正社員はどんな仕事があるの?

在宅ワークが可能な正社員は、インターネットやパソコン、スマートフォンなどの通信機器やソフトウェアを使って仕事ができる場合が多いです。在宅ワークが可能な正社員の仕事としては、以下のようなものがあります。

  • ウェブデザイナー:ウェブサイトやアプリのデザインやレイアウトを作る仕事です。クライアントの要望や目的に合わせて、ユーザーにとって使いやすく魅力的なウェブサイトやアプリを作ります。ウェブデザイナーは、HTMLやCSSなどのウェブ技術や、PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトウェアを使って仕事をします。
  • プログラマー:ウェブサイトやアプリの機能や動作を実現する仕事です。クライアントの要望や目的に合わせて、ウェブサイトやアプリの仕様や設計を行い、プログラミング言語やフレームワークを使ってコードを書きます。プログラマーは、JavaやPythonなどのプログラミング言語や、Ruby on RailsやDjangoなどのフレームワークを使って仕事をします。
  • ライター:ウェブサイトやブログ、SNSなどのコンテンツを作る仕事です。クライアントの要望や目的に合わせて、テーマやキーワードを決め、文章を書きます。ライターは、SEOやマーケティングなどの知識や、WordやGoogleドキュメントなどの文書ソフトウェアを使って仕事をします。
  • 翻訳者:日本語と外国語の間で文章や音声を翻訳する仕事です。クライアントの要望や目的に合わせて、文化や背景を考慮しながら、正確で自然な翻訳を行います。翻訳者は、英語や中国語などの外国語のスキルや、WordやExcelなどの文書ソフトウェアを使って仕事をします。
  • オンラインティーチャー:インターネットを通じて教育や指導を行う仕事です。クライアントに合わせて、教科や分野、レベルや目標などを設定し、オンラインで授業やレッスンを行います。教育や指導のスキルや知識や、ZoomやSkypeなどのオンラインツールを使って仕事をします。
  • コンサルタント:クライアントの課題や問題を解決するために、専門的な知識や経験を提供する仕事です。クライアントの要望や目的に合わせて、分析や調査、提案や実行などを行います。コンサルタントは、ビジネスやマーケティング、法律や会計などの分野のスキルや知識や、メールや電話、チャットなどのコミュニケーションツールを使って仕事をします。

以上のように、在宅ワークが可能な正社員の仕事は、様々な分野や業種にありますので、自分のスキルや興味に合わせて選ぶことができます。在宅ワークには、自宅で仕事ができるというメリットがありますが、自己管理やコミュニケーションなどのスキルも必要です。在宅ワークが可能な正社員の仕事に興味がある人は、ぜひチャレンジしてみてください。

未経験でも完全在宅ワークで正社員になれるのか?

完全在宅ワークで正社員になりたいと思っている人は、未経験でもチャレンジできるのでしょうか?答えは、イエスです。
しかし、未経験でも完全在宅ワークで正社員になるには、以下のようなことが必要です。

  • スキルや資格を身につける:完全在宅ワークで正社員になるには、自分の仕事に必要なスキルや資格を身につけることが大切です。例えば、ウェブデザイナーやプログラマーになるには、ウェブ技術やプログラミング言語などのスキルを習得する必要があります。また、ライターや翻訳者になるには、文章力や外国語力などのスキルを磨く必要があります。スキルや資格を身につける方法としては、オンライン教育や書籍、動画などの学習教材を利用したり、実際に作品やサービスを作ってみたりすることなどがあるでしょう。
  • ポートフォリオや実績を作る:完全在宅ワークで正社員になるには、自分の仕事の能力や経験を証明できるポートフォリオや実績を作ることが重要です。例えば、ウェブデザイナーやプログラマーになるには、自分が作ったウェブサイトやアプリのサンプルやソースコードを見せることが必要でしょう。また、ライターや翻訳者になるには、自分が書いた記事や翻訳した文書のサンプルやクライアントの評価を見せられるようにすることが必要です。ポートフォリオや実績を作るためには、個人のブログやウェブサイト、SNSなどに自分の作品やサービスを公開したり、実際にフリーランスやパートなどの非正規雇用で仕事を請け負ってみたりしましょう。
  • 求人や企業を探す:完全在宅ワークで正社員になるには、自分の希望や条件に合った求人や企業を探すことが必要です。例えば、ウェブデザイナーやプログラマーになるには、ウェブ制作や開発に関する企業やプロジェクトを探す必要があります。また、ライターや翻訳者になるには、コンテンツ制作や翻訳に関する企業やプロジェクトを探すのがいいでしょう。求人や企業を探す方法としては、インターネットや雑誌などのメディアで情報を収集したり、オンラインやオフラインでのネットワーキングや紹介を利用したりすることがあります。


まとめ

この記事では、在宅ワークとは何か、在宅ワークと完全在宅ワークの違い、在宅ワークが可能な正社員の仕事、未経験でも完全在宅ワークで正社員になれるかという点について解説しました。
在宅ワークは、自宅で仕事ができるというメリットがありますが、正社員として働くことができるのかという疑問もあります。在宅ワークで正社員になることは可能ですが、スキルや資格を身につけたり、ポートフォリオや実績を作ったり、求人や企業を探したりすることが必要です。在宅ワークで正社員になりたいと思っている人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

転職派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。転職派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る