※本ページはプロモーションが含まれています。

自分に合う仕事を見つける5つのステップとおすすめの適職診断

自分に合う仕事を見つける5つのステップとおすすめの適職診断

自分に合う仕事を見つけるためには、自分の適性や強み、興味や好み、価値観や目標、キャリアプラン、やりたいことを知ることが大切です。この記事では、それぞれのステップとおすすめの適職診断や性格診断を紹介します。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年2月 | 転職エージェント 厳選3社

doda

2023オリコン満足度20代No.1

ウズキャリ

第二新卒を徹底支援!

自分に合う仕事とは何でしょうか?自分の適性や強みを知りたいと思う人も多いでしょう。また、自分の可能性や選択肢を広げたいと思う人もいるでしょう。こちらは、そのように考える皆様のための記事となります。

自分に合う仕事がわからない

自分に合う仕事がわからないという人は、以下のような悩みを抱えているかもしれません。

  • 自分の適性や強みが分からない
  • 自分の興味や好みが分からない
  • 自分の価値観や目標が分からない
  • 自分のキャリアプランが分からない
  • 自分のやりたいことが分からない


これらの悩みは、自分自身を客観的に見ることができないことや、自分自身に対する自信がないことが原因かもしれません。自分に合う仕事を見つけるためには、まず自分自身を知ることが大切です。

自分に合う仕事の見つけ方


自分に合う仕事を見つけるためには、以下のステップを踏むとよいでしょう。

1. 自分の適性や強みを知る
2. 自分の興味や好みを知る
3. 自分の価値観や目標を知る
4. 自分のキャリアプランを考える
5. 自分のやりたいことを探す

それぞれのステップについて、詳しく見ていきましょう。

1. 自分の適性や強みを知る

自分の適性や強みとは、自分が得意なことや他の人より優れていることです。自分の適性や強みを知ることで、自分に合った仕事の方向性や分野を見つけることができます。また、自分の適性や強みを活かすことで、仕事のパフォーマンスや評価を高めることができます。

自分の適性や強みを知る方法としては、以下のようなものがあります。

自分の適性や強みを知る方法

  • 適職診断や性格診断などのツールを利用する
  • 自分の経験や成果を振り返る
  • 他の人からのフィードバックや評価を聞く
  • 自分の得意なことやきなことをリストアップする


これらの方法を使って、自分の適性や強みを明確にしましょう。

2. 自分の興味や好みを知る

自分の興味や好みを知ることで、自分に合った仕事の内容や環境を見つけることができます。また、自分の興味や好みに沿った仕事をすることで、仕事に対するやる気や楽しさを高めることができます。

自分の興味や好みを知る方法としては、以下のようなものがあります。

自分の興味や好みを知る方法

  • 趣味や趣向を探る
  • 業界や職種について調べる
  • 仕事に関する本や記事を読む
  • 仕事に関するイベントやセミナーに参加する
  • 仕事に関する人に話を聞く


これらの方法を使って、自分の興味や好みを広げましょう。

3. 自分の価値観や目標を知る

自分の価値観や目標を知ることで、自分に合った仕事の意義や方向性を見つけることができます。また、自分の価値観や目標に沿った仕事をすることで、仕事に対する満足度や誇りを高めることができます。

自分の価値観や目標を知る方法としては、以下のようなものがあります。

自分の価値観や目標を知る方法

  • 自分のモチベーションや動機を考える
  • 自分の理想や夢を考える
  • 自分の信念や信条を考える
  • 自分の役割や責任を考える
  • 自分の期待や要望を考える


これらの方法を使って、自分の価値観や目標を明確にしましょう。

4. 自分のキャリアプランを考える

自分のキャリアプランとは、自分が将来どのような仕事をしたいか、どのように仕事を進めていきたいかということです。自分のキャリアプランを考えることで、自分に合った仕事の選択や転職のタイミングを見つけることができます。また、自分のキャリアプランに沿った仕事をすることで、仕事に対する成長や達成感を高めることができます。

自分のキャリアプランを考える方法としては、以下のようなものがあります。

自分のキャリアプランを考える方法

  • 自分の現状や将来のビジョンを分析する
  • 自分の強みや弱みを分析する
  • 自分の目標や戦略を設定する
  • 自分の行動や評価を計画する
  • 自分のスキルや知識を習得する


これらの方法を使って、自分のキャリアプランを作成しましょう。

5. 自分のやりたいことを探す

自分のやりたいことを探すことで、自分に合った仕事の可能性や魅力を見つけることができます。また、自分のやりたいことに沿った仕事をすることで、仕事に対する情熱や幸福感を高めることができます。

自分のやりたいことを探す方法としては、以下のようなものがあります。

自分のやりたいことを探す方法

  • 自分の感情や感覚に気づく
  • 自分の価値や貢献に気づく
  • 自分のチャレンジや冒険に気づく
  • 自分の楽しさや喜びに気づく
  • 自分の創造性や表現に気づく


これらの方法を使って、自分のやりたいことを見つけましょう。

適職診断の種類と特徴

  • ホランドコード:自分の職業的興味を6つのタイプ(実業型、研究型、芸術型、社会型、起業型、事務型)に分類し、自分に合う仕事の分野や職種を示します。自分のタイプと仕事のタイプが一致するほど、仕事に満足できるという考え方です。自分のタイプを知ることで、自分の強みや適性を把握できます。
  • エニアグラム:自分の性格を9つのタイプ(改革者、支援者、達成者、個人主義者、観察者、忠実家、挑戦者、調停者、平和主義者)に分類し、自分の動機や欲求、恐れや弱点などを明らかにします。自分のタイプと仕事のタイプが一致するほど、仕事に適しているという考え方です。自分のタイプを知ることで、自分の成長や変化の方向性を見出せます。
  • MBTI:自分の思考や行動の傾向を4つの次元(外向性・内向性、感覚型・直感型、思考型・感情型、判断型・知覚型)に分類し、自分の性格タイプを16種類の中から特定します。自分のタイプと仕事のタイプが一致するほど、仕事に適応できるという考え方です。自分のタイプを知ることで、自分のコミュニケーションや協働のスタイルを理解できます。
  • DISC:自分の行動特性を4つの次元(積極性・支配性、協調性・影響力、安定性・忍耐力、慎重性・順応性)に分類し、自分の行動パターンを4種類の中から特定します。自分のパターンと仕事のパターンが一致するほど、仕事に効果的であるという考え方です。自分のパターンを知ることで、自分の行動や判断の基準を把握できます。

おすすめの適職診断の受け方

適職診断を受ける際には、以下のようなポイントに注意してください。

  • 正直に回答する:適職診断は、自分の本音や本質を知るためのものです。自分に都合の良いことや他人の期待に合わせたことを回答すると、正確な診断結果が得られません。自分に素直に、正直に回答しましょう。
  • 複数の適職診断を受ける:適職診断は、それぞれ異なる観点から自分に合う仕事を診断します。一つの適職診断だけで自分に合う仕事を決めるのは、早計です。複数の適職診断を受けて、自分の傾向や特徴を総合的に分析しましょう。
  • 診断結果を鵜呑みにしない:適職診断は、自分に合う仕事を示唆するものです。自分に合う仕事を決定するものではありません。診断結果は、自分の参考やヒントとして活用しましょう。自分の判断や感覚を無視して、診断結果に従うのは、危険です。


本記事の総括

自分に合う仕事を見つけることは、仕事に対するモチベーションや満足度、成長や達成感、情熱や幸福感などを高めることができます。自分に合う仕事を見つけるためには、自分の適性や強み、興味や好み、価値観や目標、キャリアプラン、やりたいことなどを知ることが大切です。

また、適職診断や性格診断などのツールを利用することも有効です。適職診断や性格診断を利用することで、自分の性格や傾向、適性や能力などを客観的に知ることができます。

この記事では、自分に合う仕事の見つけ方とおすすめの適職診断を紹介しました。ぜひ、自分自身を知り、自分に合った仕事を見つけてください。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

転職派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。転職派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る