※本ページはプロモーションが含まれています。

退職後の手続きと順番は?会社を辞めたあとの対応を徹底解説

退職後の手続きと順番は?会社を辞めたあとの対応を徹底解説

退職後の手続きと順番について、詳しく解説した記事です。退職後にやることリストや必要な書類、市役所での手続きなどを紹介しています。また、退職後14日を過ぎた場合や、退職後すぐに就職しないとどうなるかについても説明しています。退職後の生活を安心して送るために、ぜひ参考にしてください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年2月 | 転職エージェント 厳選3社

doda

2023オリコン満足度20代No.1

ウズキャリ

第二新卒を徹底支援!

会社を辞めるときには、さまざまな手続きが必要になります。退職後にやることリストを作って、期限内にスムーズに対応しましょう。

この記事では、退職後に必要な手続きとその順番、必要な書類や市役所での手続きなどを詳しく解説します。また、退職後14日を過ぎた場合や、退職後すぐに就職しないとどうなるかについても紹介します。

退職後にやることリスト


退職後に必要な手続きは、以下の5つです。

  • 健康保険の切り替え
  • 年金の切り替え
  • 失業保険の申請
  • 住民税の支払い
  • 確定申告

これらの手続きにはそれぞれ期限が設けられており、早いものでは退職日から2週間以内に行う必要があります。期限を過ぎると、罰則や不利益が発生する可能性がありますので、注意しましょう。

退職後に必要な手続きに必要な書類


退職後に必要な手続きに必要な書類は、以下の6種類です。

  • 雇用保険被保険者証
  • 離職票
  • 年金手帳
  • 健康保険資格喪失証明書
  • 退職証明書
  • 源泉徴収票

これらの書類は、退職前に会社から受け取るか、退職後に郵送されることが一般的です。退職時に必ず受け取るようにしましょう。また、書類のコピーをとっておくと、万が一紛失した場合にも安心です。

市役所での手続き

退職後に市役所で行う手続きは、以下の2つです。

  • 国民健康保険の加入
  • 国民年金の加入

これらの手続きは、退職日の翌日から14日以内に行う必要があります。市役所の国民年金窓口で手続きを行いましょう。必要な書類は、年金手帳、退職日が証明できるもの(離職票、健康保険資格喪失証明書、退職証明書など)、マイナンバーカード、印鑑、通帳やクレジットカードなどです。

退職後14日を過ぎた場合

退職後14日を過ぎてしまった場合は、健康保険や年金の未加入期間が発生します。これは、保険料の滞納や年金の減額などの不利益につながります。また、失業保険の受給期間も短くなります。できるだけ早く手続きを行い、未加入期間を最小限に抑えましょう。

退職後すぐに就職しないとどうなる?


退職後すぐに就職しないと、以下のような影響があります。

  • 健康保険の保険料が高くなる
  • 年金の支払いが自己負担になる
  • 住民税の支払いが一括または分割になる
  • 確定申告が必要になる

これらの影響を軽減するためには、以下のような対策があります。

  • 健康保険の任意継続や家族の健康保険に加入する
  • 年金の免除や猶予を申請する
  • 住民税の減免や延納を申請する
  • 確定申告の準備を早めに始める

まとめ

退職後に必要な手続きとその順番について解説しました。退職後にやることリストを作って、期限内にスムーズに対応しましょう。また、退職後すぐに就職しない場合は、経済的な負担が増えることを覚悟しましょう。可能な限り早く再就職するか、適切な対策を行うことが大切です。退職後の生活を安心して送るために、この記事を参考にしてください。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

転職派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。転職派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る