※本ページはプロモーションが含まれています。

転職面接での服装のポイント!男性女性それぞれで解説

転職面接での服装のポイント!男性女性それぞれで解説

転職面接での服装は、第一印象に影響する重要な要素です。男性も女性も、スーツを着用するのが無難ですが、スーツが無い場合は、ジャケットとスラックスまたはスカートで対応できます。色は、落ち着いた色や濃淡の差が少ない色を選びましょう。このように転職面接の際の服装の注意点を紹介しますので是非ご欄ください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年2月 | 転職エージェント 厳選3社

doda

2023オリコン満足度20代No.1

ウズキャリ

第二新卒を徹底支援!

転職面接では、自分の能力や適性をアピールするだけでなく、服装や身だしなみも重要な要素です。面接官は、あなたの服装から第一印象を形成し、あなたの性格や仕事への姿勢を判断します。服装が不適切だと、せっかくのスキルや経験が台無しになってしまうこともあります。
そこで、この記事では、転職面接での服装のポイントを、男性と女性、年齢による違い、スーツが無い場合に分けて紹介します。

転職面接の服装:男性の場合

男性の場合、基本的にはスーツを着用するのが無難です。スーツの色は、ネイビーやグレーなどの落ち着いた色を選びましょう。黒は喪服や冠婚葬祭のイメージが強いので、避けた方が良いでしょう。

シャツは白や淡い青などの清潔感のある色を選び、ネクタイは無地や細いストライプなどのシンプルな柄を選びましょう。ネクタイの色は、赤や青などの明るい色を選ぶと、活気や自信を表現できます。
靴は黒や茶の革靴を履き、ベルトは靴と同じ色に合わせましょう。
靴下はスーツの色と同じか、それよりも暗い色にしましょう。白やカラフルな靴下は、不真面目な印象を与えてしまいます。

転職面接の服装:女性の場合

女性の場合も、基本的にはスーツを着用するのが無難です。スーツの色は、男性と同様にネイビーやグレーなどの落ち着いた色を選びましょう。黒は厳しすぎる印象を与える可能性があるので、避けた方が良いでしょう。

シャツは白や淡いピンクなどの清潔感のある色を選び、ネクタイやスカーフは無地や小さな花柄などのシンプルな柄を選びましょう。
ネクタイやスカーフの色は、赤や青などの明るい色を選ぶと、活気や自信を表現できます。
靴は黒や茶のパンプスを履き、ヒールは5cm以下にしましょう。ヒールが高すぎると、不安定な印象を与えてしまいます。
バッグは黒や茶のシンプルなデザインのものを選びましょう。派手な色や柄のバッグは、目立ちすぎてしまいます。

年齢による違い

年齢によっても、面接での服装には違いがあります。

20代の場合

20代の若い人は、新鮮さややる気をアピールするために、明るい色や柄を少し取り入れることができます。例えば、ネクタイやスカーフの色を赤や青にする、シャツの色を白以外にする、などです。

しかし、あまりにも派手な色や柄は、不真面目な印象を与えるので、控えましょう。

30代・40代・50代

業界にもよると思いますが、30代以降は経験や信頼をアピールするために、落ち着いた色や柄を選ぶことが望ましいです。例えば、スーツの色をネイビーやグレーにする、ネクタイやスカーフの柄を無地や細いストライプにする、などです。

しかし、あまりにも地味な色や柄は、古臭い印象を与えるので、注意しましょう。

男性でスーツが無い場合

男性でスーツが無い場合は、ジャケットとスラックスの組み合わせで対応することができます。ジャケットとスラックスの色は、同じ色にするか、濃淡の差が少ない色にしましょう。色の差が大きすぎると、カジュアルすぎる印象を与えてしまいます。

シャツやネクタイは、スーツの場合と同様に、清潔感のある色やシンプルな柄を選びましょう。
靴やベルトは、ジャケットやスラックスの色と合わせるか、黒や茶の革靴を履きましょう。
靴下はジャケットやスラックスの色と同じか、それよりも暗い色にしましょう。

女性でスーツが無い場合

女性でスーツが無い場合は、ジャケットとスカートまたはパンツの組み合わせで対応することができます。ジャケットとスカートまたはパンツの色は、同じ色にするか、濃淡の差が少ない色にしましょう。色の差が大きすぎると、カジュアルすぎる印象を与えてしまいます。

シャツやネクタイやスカーフは、スーツの場合と同様に、清潔感のある色やシンプルな柄を選びましょう。
靴は黒や茶のパンプスを履き、ヒールは5cm以下にしましょう。
バッグは黒や茶のシンプルなデザインのものを選びましょう。

転職面接時の服装を総括

転職面接での服装は、自分の能力や適性をアピールするだけでなく、面接官に与える第一印象にも大きく影響します。服装が不適切だと、せっかくのスキルや経験が台無しになってしまうこともあります。そこで、この記事では、転職面接での服装のポイントを、男性と女性、年齢による違い、スーツが無い場合に分けて紹介しました。

基本的には、スーツを着用するのが無難ですが、スーツが無い場合は、ジャケットとスラックスまたはスカートの組み合わせで対応できます。
色は、落ち着いた色や濃淡の差が少ない色を選びましょう。シャツやネクタイやスカーフは、清潔感のある色やシンプルな柄を選びましょう。靴やバッグは、シンプルなデザインのものを選びましょう。

服装に加えて、身だしなみにも注意しましょう。長い髪は束ねるかアップにしましょう。髪飾りは控えめにしましょう。ひげは剃るか整えましょう。爪は切るか整えましょう。香水やコロンは控えめにし、アクセサリーはシンプルか無しにしましょう。

以上、この記事では転職面接での服装のポイントを、男性と女性、年齢による違い、スーツが無い場合に分けて紹介しました。この記事が、あなたの転職活動の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

転職派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。転職派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る