※本ページはプロモーションが含まれています。

30代前半男性おすすめ転職サイト・転職エージェント20選

30代前半男性おすすめ転職サイト・転職エージェント20選

30代前半男性におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。それぞれの魅力を解説しているのは勿論「高収入」「スキルなし」「未経験」「IT」「ベンチャー」など目指したい環境・業界別でも整理して紹介しています。また、登録後の流れや転職までのプロセスもお伝えしていますので、是非ご覧ください。

  • 公開日:
  • 最終更新日:

目次

2024年2月 | 転職エージェント 厳選3社

doda

2023オリコン満足度20代No.1

ウズキャリ

第二新卒を徹底支援!

30代前半男性におすすめの転職サイト・転職エージェント20選

30代前半男性におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。「未経験におすすめ」や「高収入を目指す」と言った条件別でもまとめていますので、是非最後までご覧ください。

マイナビエージェント


マイナビエージェント
転職業界でも最大手のマイナビエージェント。知名度・実績ともに業界最高クラスの転職エージェントとなります。
特徴を3つに絞ると以下の通りとなります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  1. サポート体制が整っている
  2. 質のいい求人が多い
  3. 転職が初めての方におすすめできる

サポート体制が整っている

マイナビエージェントはサポート体制が整っています。面接の練習や履歴書の添削など親身に寄り添ってくれます。目先の転職のみならず、長い目で見た時のキャリアについて提案してくれ、職種だけでなく業界についても柔軟な思考で幅広く考えてくれます。

質のいい求人が多い

2つ目の特徴として「質の良い求人数が多い」ことが挙げられます。求人の豊富さから、就きたい職種に転職できた人もいます。
また、大手の転職エージェントということもあり、使いやすく安心して利用できると評判です。

転職が初めての方におすすめできる

マイナビエージェントは20代を中心に口コミで人気を博し、シェアを伸ばしています。そのため、第二新卒から30代前半までの人がメインの利用者層となります。
その層が多い=初めての転職の人たちを多く成功に導いてきたエージェントともいえます。初めての転職活動ならマイナビエージェントも登録しておきましょう。

リクルートエージェント


リクルートエージェント
転職支援実績No.1(※)を誇る転職エージェント、リクルートエージェント。その実績に裏打ちされた転職支援のサポート力が魅力と言えるでしょう。
※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヶ月以上の有期雇用の合計人数(2021年度実績を自社集計)2022年6月時点

サポート

そのサポート力は、当サイト独自の口コミからも伺い知れます。

  • 「履歴書添削など念入りに行ってもらい、企業のニーズに沿った書類を作成することが出来た」
  • 「面接対策や自己PR添削など非常にサポートは手厚かった」

と言ったご意見を30代の皆様からお寄せいただきました(参照|リクルートエージェント当サイト独自口コミ)。

求人数

30代の皆様からは求人数についてもポジティブなご意見が届いています。

  • 「求人数が豊富なため、細かな条件を指定しても様々な選択肢を得られた」
  • 「田舎に住んでいるが求人数が多く、色々な転職先を探せた」

対してネガティブな意見は無く、リクルートエージェントの求人数に対する満足度の高さが伺えました(参照|リクルートエージェント当サイト独自口コミ)。

給与

リクルートエージェントの強みはサポート・求人数だけではありません。独自アンケートの結果、給与についても満足度が高いことが分かりました。30代の皆様からは

  • 「紹介してくれた案件は概ね希望する年収以上だった」
  • 「他社よりも平均給与帯が高かった」

との声をお寄せいただきました。(参照|リクルートエージェント当サイト独自口コミ)。

doda


doda
業界最大手として知られる「doda」。多くの利用者に支持されている転職エージェントとなります。
では、なぜ多くの利用者に支持されているのでしょうか?その理由を紐解いてみましょう。

求人数

30代の当サイト利用者から、dodaの求人数について下記口コミが届いています。

  • 掲載されていた求人数が多く、幅広い業種の選択肢があった
  • 新着求人やおすすめ求人なども毎日更新されていて、見逃すことがありませんでした

事実dodaでは、20万件を超える求人を取り揃えています。数だけ見ても業界最高水準。多くの利用者が満足するのもわかります(参照|doda当サイト独自口コミ)。

複合的なサービスを受けられる

dodaは気になる求人を探す転職サイト機能だけでなく、あなたの転職をともに伴走してくれるエージェント機能、そして登録するだけで企業サイドから連絡が来るスカウトサービスと幅広いな転職活動ができるのです。その点も多くのユーザーに支持ざれている理由なのでしょう。

パソナキャリア


パソナキャリア
パソナキャリアの特徴は大きく以下の3つ。

  1.   求人のベストマッチングを実現
  2.   転職コンサルタントによる丁寧なサポート体制
  3.   ”総合人材サービスの先駆者”として実績がある

以下より詳しく紹介します。

求人のベストマッチングを実現

パソナキャリアでは企業担当と求職者担当が別々になっています。企業担当は情報収集から企業のニーズを把握。求職者担当は面談・カウンセリングを通して評価されるポイントや就職活動の軸を知り、求人を紹介します。それぞれが細やかなヒアリング・調整をすることで、ベストマッチングを実現しているのです。

丁寧なサポート体制

企業の質問の傾向、自身の強み・弱みなどを把握し、実際の面接と同様の流れでロールプレイングを行います。更に履歴書・職務経歴書の添削や、転職セミナー・個別相談会などのサポートは勿論、退職交渉のフォローや入社日の調整もサポートしてくれるのでおすすめです。

総合人材サービスの先駆者

「総合人材サービス」の先駆者として、46万人の転職を支援。蓄積された転職ノウハウがあります。

type転職エージェント


type転職エージェント
type転職エージェントの特徴は以下の3つとなります。

  1. 求人は一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)が中心
  2. 多くの方の年収がアップ
  3. 「IT・通信」業界の案件が多い

以下より詳しく見ていきましょう。

求人は一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)が中心

主な求人は一都三県(東京・埼玉・千葉・神奈川)中心となります。また、「企業との信頼関係・パイプが太い」為、大手サイトには掲載されない独占求人が豊富に取り扱っています。
ただ、エリアが限定されてしまうため、上記以外で転職したい人には不向きかもしれません。

多くの方の年収がアップ

type転職エージェントのホームページを見ると「約71%が年収アップ」と記載があります。転職活動中の皆様のスキルを正しく評価し、強みを明確にしてくれるメソッドがあるからこそ、多くの人の年収がアップするのでしょう。

「IT・通信」業界の案件が多い

type転職エージェントは、IT系に力を入れています。職種では「システムエンジニア(IT・通信・ソフトウェア)」の求人が最も多く、公開・非公開求人合算で全体の半数以上となります。

スキルなし・未経験におすすめ転職サイト・転職エージェント

フリーターにおすすめの転職サイト・エージェントサービスを紹介します。

ハタラクティブ


ハタラクティブ
ハタラクティブは、学歴に自信のない方や業界未経験の方におすすめの転職エージェント。その理由として、以下3点が挙げられます。

登録者の半数以上の最終学歴が高卒や専門学校卒

その様な特徴があるからこそ、求人を募集する企業も学歴以上に人柄や性格と言った「ポテンシャル面」を重視して採用しています。また、ハタラクティブ自体もポテンシャルを引き出すのに慣れています。きっとあなたの「強み」や「人柄」を引き出すサポートをしてくれるでしょう。

未経験からでも正社員雇用が実現

ハタクティブは20代の未経験者向け就職・転職支援サービスです。なのですが30代も守備範囲に入っています。専属キャリアアドバイザーのサポートで、社会人経験がなくても正社員になれる可能性があります。

一人ひとりへの丁寧なサポート

個別カウンセリングを通して一人ひとりにあった求人を紹介。また、経歴や状況に合わせてプロがアドバイスしてくれます。カウンセリング後2~3週間で内定を獲得する方もおられるそうです。

高収入を目指したい方におすすめの転職サイト・転職エージェント

高収入を目指したい!そう思っている人に最適な転職サービスを紹介します。

リクルートダイレクトスカウト


リクルートダイレクトスカウト
転職サイトや転職エージェントではなく、その名の通りスカウトサービスとなるリクルートダイレクトスカウト。企業からの直接のスカウトがある分、現在の年収よりも上がりやすいのが特徴。ただ、これはリクルートダイレクトスカウトに限った話ではありません。ではリクルートダイレクトスカウトだからこその特徴は?ここでは以下3つに絞って紹介します。

ハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向けサービス

専門知識や経験を豊富とするハイキャリアな人材向け転職サービスです。そのため転職だけではなく、複数企業から収入を得る「副業顧問」の働き方もサポートしています。
ハイキャリアサービスだからこそ正社員雇用だけに縛られない提案があるのも魅力的だと思います。

スカウトを待つだけ

サービスの利用は全て無料です。経歴を書いた匿名レジュメを提出すれば、約600社・4300人以上の経験豊富なヘッドハンターが仕事を探して紹介してくれます。また、当然企業からのスカウトもあり得ます。ご自身からコンタクトを取る必要がないため、転職活動もラクラクです。

非公開求人や年収800万〜2000万円求人多数

運営しているのがリクルートなので、誰もが知る大企業の非公開求人や高収入な求人も多数あるのが嬉しいところです。

ビズリーチ


ビズリーチ
スカウトが中心でハイクラス・高年収の求人が多数。企業と直接コンタクトが取れるので、主体的な転職活動ができます。主な特徴は以下の3点。それぞれ詳しく見ていきましょう。

ハイクラス・高年収の求人が充実

優良企業や一流のヘッドハンターから「即戦力」の選ばれた方にスカウトが届くサービスです。また、取り扱う求人は年収1,000万円以上が3分の1を上回ります。30代のうちから年収1000万円越えを目指すなら、登録必須のサービスと言えます。

ご自身の市場価値が分かる

スカウトの機能は声を掛けてもらい、内定を出すことだけがメリットではありません。どんな企業からスカウトが来るか確かめることで、就職が決まらなくても今後に生かすことが出来るでしょう。

企業と直接やりとりが出来るので効率的

厳選された企業と直接コンタクトが取れるため、効率的・主体的に転職活動が出来ます。その厳選された導入企業の数は17,100社。企業も多い分、様々な可能性が広がります。

30代前半男性の転職サイト・転職エージェントの選び方

30代前半の男性が転職する場合、転職サイト・転職エージェントをどのように選べばいいのでしょうか。30代のキャリアチェンジでは、よりスキルの求められる仕事に挑戦してみたいと思っている方も多いはず。
こちらでは、転職サイト・転職エージェントを選ぶ時に、重要となる基準をピックアップしてみたので、ぜひ目を通してみてください。

転職サイト・転職エージェントの対象者が一致しているところを選ぶ

転職サイト・転職エージェントを選ぶ際には、サイトが対象としている対象者が自分と一致しているか、よく確かめるようにしましょう。
サイトによっては、営業職やIT業界など、特定の職種や業種を専門に扱っている場合があります。自分が希望する職種とは違うサイトに登録してしまうと、必要のない情報ばかりが入ってきてしまって、時間を無駄にしてしまう可能性も。
また、一定の年齢層の転職を得意としている転職サイトもあります。30代前半の男性の場合は、「30代」「ハイクラス」などに特化したサイトを選ぶといいですよ。

キャリアアップが望めるところを選ぶ

せっかく転職をするのならば、キャリアアップできるところを選ぶのも重要です。
現在自分が行っている仕事より規模の大きい仕事や、やりがいのある仕事を任せてもらいたいという場合は、大企業の採用実績があるところや、研修に力を入れているところを選ぶのもいいでしょう。
目標としてわかりやすいのは、自分のこれまでの実績を評価してくれて、年収のアップする求人を探せるようなところです。収入が上がるというのは、転職活動のモチベーションにつながりますし、おのずとできる仕事の範囲も広がっていきます。

サポートが手厚いところを選ぶ

転職エージェントを探す際には、サポートが手厚いところを選ぶようにしましょう。
エージェントに登録してもなかなか連絡が来ないところより、こまめに連絡して求人を紹介してくれたり、希望条件に変わりがないか確認してくれるところのほうが、安心して利用できますよね。
それに、業界に合わせた応募書類の添削や、1社ごとに面接対策を行ってくれるエージェントであれば、内定率も高くなりやすいです。
どれくらい丁寧にサポートしてくれるのか、ホームページに書かれている情報を見て、しっかりと確認するようにしてください。

転職サイト・転職エージェントの利用の流れ

ここからは、転職サイト・転職エージェントの利用の流れについて紹介します。転職サイト・転職エージェントを利用した場合、内定までに踏む手続きが独特のものになりますので、注意が必要です。
特に初めて利用するという方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

登録

まずは転職サイト・転職エージェントの利用登録方法に従って、名前や年齢など、個人情報の登録を行います。
この時、希望業種やいつまでに転職したいかなどを聞かれる場合もありますので、事前に考えておくといいかもしれません。

アドバイザーとの面談

利用登録が完了した後は、転職エージェントの場合、アドバイザーとの面談日を決めることになります。自分の都合のいい日を、いくつか見積もっておきましょう。
面談では、これまでの職歴や、希望する業種・職種、いつまでに転職したいと思っているかや、希望する勤務条件などについて話し合います。
不安なことや、必ず叶えたい希望については、遠慮せずに伝えておくことがポイントです。そうすることで、希望通りの求人を紹介してもらいやすくなります。

求人紹介・応募

面談が終わった後は、サイトに掲載されている求人や、アドバイザーが紹介してくれる求人の中から、興味のあるものを選んでいくことになります。
この時、求人を選んだからといって、必ず応募しなくてはならないわけではありませんので、気楽に選びましょう。
勤務条件を確認し、自分に合いそうな会社だなと思ったら、求人に応募します。アドバイザーがいる場合は、応募の旨を伝え、アドバイザーを通して企業に応募するようにしてくださいね。

書類選考・面接

企業に応募した後は、履歴書や職務経歴書などの必要書類をそろえて提出することになります。企業によっては、面接の際に書類を持参するよう言われる場合もあるでしょう。
書類選考に通過した後は、面接を受けることになります。面接を苦手としている人も多いかもしれませんが、転職エージェントを利用している場合は、アドバイザーが個別に面接対策をしてくれるほか、実際の面接まで同行してくれることも多いので、安心してくださいね。

内定

結果が出ると、内定が出ていてもそうでなくても、アドバイザーから連絡が来ます。第一志望の会社の内定が出たのであれば、そのまま入社を決めるのもいいでしょう。
内定後は、エージェントが給与の交渉や入社日の調整などを行ってくれるので、希望がある場合はしっかり伝えるようにしてください。
入社後も、エージェントのサポートは続きます。人間関係の問題や、聞いていた条件と違う場合などは、いつでも連絡して相談することができますよ。

30代前半男性の転職サイトを使いこなすコツ

30代前半の男性が転職サイトを使いこなすには、一体どんなことに気をつければいいのでしょうか。ポイントをいくつかまとめてみましたので、早速チェックしてみてください。

自分の軸を明確にする

転職先を探す際には、「自分の軸」が大切になります。自分の軸と言うのは、転職で叶えたいと思っている希望や、働く上でこれだけは譲れないと思っている条件のことです。
転職するうえで軸となるのは主に、給与面や、働き方、仕事環境や人間関係、仕事と家庭の両立のバランスなどになってくるでしょう。その中で、最も自分が大切にしたいと思っている軸を決め、それが叶えられる職場を探すようにするのがおすすめです。

スカウトメールは見極める

一部の転職サイトで利用できるスカウトサービス。これは、職歴や希望条件を記入しておくと、マッチングした企業から直接スカウトメールが来るサービスになります。
登録しておくだけで転職活動が進むので、非常に便利なサービスですが、利用する際はスカウトメールの中身をよく見極めるようにしましょう。
スカウトの内容が具体的で、あなたの書いた内容に結びついているものだったり、希望条件に合っているものであれば、スカウトに応じたほうがいいかもしれません。
しかし、場合によっては、誰にでも当てはまりそうなスカウト理由や、ほとんど条件に合っていない企業からメールが来ることもあるので、内容はしっかりと確認してください。

作成ツールを活用する

応募する企業の数に合わせて、履歴書や職務経歴書を作るのは大変ですよね。そうした方は、ぜひWEB上で必要書類を作れる作成ツールを利用してみましょう。
中には会員登録せずに利用できて、データをダウンロードできるものや、質問に答えるだけで履歴書の形式に直してくれるツールなど、便利なものがたくさんあります。
証明写真も、最近は写真ではなく画像データ形式で受け取れるものもありますよ。

転職理由は前向きなものにする

必ず聞かれる転職理由はできるだけ、ポジティブなものにするほうが良いでしょう。
例え業務内容や残業時間の多さが直接的な理由であったとしても、キャリアアップや、自分自身の成長のために転職を決めたという、前向きな姿勢を見せるようにします。そうすることで、面接官に良い印象を与え、内定率アップにつなげることができますよ。
ただし、明らかに嘘とわかる理由や、一貫性のない理由はNGです。転職に対して自分が持っている期待を元に理由を作ることで、嘘をつかずに、前向きな転職理由を考えることができるかもしれません。

転職サイトと転職エージェントを並行する

転職サイトと転職エージェントは、並行して活用するのが、転職成功の近道です。
なぜならば、転職サイトはこちらが積極的に求人を探せるのに対して、転職エージェントは受け身になって、自分に合った求人が紹介されるのを待つことになるからです。
どちらも性質や、メリット・デメリットが違うので、併用することでより効果的に転職活動を行うことができますよ。

転職よくある質問

こちらでは、用語やよくある質問を取り扱っています。わからないことがあれば、確認するようにしてみてください。

第二新卒とは?

第二新卒とは一般的に、学校を卒業後に就職したものの、1~3年以内に離職して、転職活動を行う人のことです。
短期間でも社会に出た経験があり、前職での経験を活かすこともできるため、企業としてはビジネスマナー研修などを省略して、すぐに実務研修に入れるという利点があります。
また、新卒と違っていつでも採用することができ、新卒と変わらないポテンシャルを持っているため、高い需要のある人材として捉えられることが多いです。
30代の場合、第二新卒と呼ばれることは少なく、むしろ豊富な社会人経験や、身に着けたスキルを高く買われ、即戦力として採用される可能性が高いでしょう。

非公開求人とは?

非公開求人とは、企業サイトや転職サイトなどで一般的に公開されていない求人情報のことを指します。
なぜ非公開にするのかというと、応募数を絞って効率的に採用を行うためや、早急に人員を確保したいためです。
転職エージェントは独自の非公開求人を持っており、公開求人と比べると、非公開求人の割合のほうが多いこともよくあります。その点、エージェントに登録しておいたほうが、普段は見られない求人も紹介してもらえるので、お得になっていますよ。

転職サイトは登録しなくても使える?

転職サイトは、登録しなくても求人を見ることができますが、応募の際には会員登録が必要になることが多いです。
また、スカウト機能やキャリアサポートに関しても、大半が登録者限定の機能になっています。
会員登録は無料のため、複数のサイトに登録しておき、効率的に転職活動を進めるのがおすすめですよ!

担当アドバイザーと合わない場合はどうしたらいい?

転職エージェントの担当アドバイザーとの相性がよくない場合の対応を紹介します。
まずはアドバイザーに担当を変えてもらえるように伝えるという手段がありますが、直接言うのはちょっと気が引けるという方もいらっしゃるでしょう。
こうした場合は、エージェントの問い合わせ窓口に連絡してみるのがいいかもしれません。そうすれば、すぐに担当が別の人に引き継がれ、転職活動を続けることができます。
エージェントは複数いますから、合わないと感じた場合は、思い悩まず、正直に伝えてみてくださいね。

【総括】30代前半男性におすすめの転職サイトについて

こちらでは、30代前半の男性におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しました。
また、転職エージェントの利用の流れや、転職サイトの活用術なども解説。よくある質問にも答えていますので、用語がわからなくなった時には、また確認してみてくださいね。
転職活動の強い味方となってくれるこれらを活用して、ぜひ転職を大成功させましょう!

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

転職派遣サーチ運営事務局

2014年から派遣の情報を発信、おすすめの派遣会社を独自調査し続けている、老舗派遣メディア。転職派遣サーチ以外にも、転職など複数のサイトを運営。読者に分かりやすい情報提供をモットーにサイトを運営しています。

Scroll Top ページ上部に戻る