プログラマーの派遣求人

複数の派遣会社の「プログラマー」の求人一覧を、まとめてチェック。プログラムの作成・修正・テスト・詳細の設計などに関わる「プログラマー」の派遣求人情報です。正社員登用を目指せる求人が多く、専門スキルを活かして高時給が狙えることが特徴です。

プログラマーの派遣求人一覧

求人が見つからないようです

申し訳ございませんが、検索条件を変えて再検索してください..

もっとみる

  • プログラマーの仕事内容

     職業プログラマーの仕事はパソコンや、スマホ、タブレット端末などで動作するプログラム(アプリ)を作ることです。会社に勤めているプログラマーはSE(システムエンジニア)が作成したプログラム仕様書にしたがって動くプログラムを作ります。場合によってはプログラム仕様書をプログラマーが作る場合もありますが、それは会社によります。プログラムの作成(コーディング)・テストを行い、仕様書で要求された要件を満たしていることを確認します。自分の作るプログラムは、より大きなプログラムやシステムの一部であることも多く、その場合他のプログラムと組み合わせたときのテストも行ないます。 

  • プログラマーのやりがい

     自分の思った通りの動きをするプログラムが作れたときの喜びはプログラマーなら誰しも味わったことがあるでしょう。基本的にプログラムはその人の技術により出来不出来が変わってきます。要求された仕様を完璧に満たすプログラムを作るときのこだわりは、ある種の職人的なこだわりといえます。自分のプログラミング技術を上司や同僚に認めて貰えたときにやりがいを感じることでしょう。また、プログラミング技術は年々進歩していきます。最新技術をキャッチアップして未知の分野を開拓していくのもプログラマーならではのやりがいといえます。 

  • プログラマーは未経験でも働けるか

     IT分野はいまだに人手不足の状況が続いています。とくにスマホの爆発的な普及により、スマホアプリを作る人材が不足しています。会社側としては未経験者に教育を施してでも人材を獲得したい状況ですので、未経験者でもプログラマーとして働くことは可能です。ただし、教育についていくための向上心は求められます。 

  • プログラマーに必要なスキル、活かせるスキル

     プログラマーは論理的な思考を必要とします。また職人的な仕事ではありますが、仕様についてSEや顧客と会話することもありますので、コミュニケーション能力も必要です。また、自分の作ったプログラムは、いずれ他の人が保守することになりますので、人に分かりやすく説明するためのドキュメンテーション技術も必要です。つまり、物事を論理的に考察できて、人に分かりやすく説明できる人ならプログラマーとして十分やっていけるでしょう。



     もし、タイピング技術があるのならとても役に立つでしょう。自分でホームページを作った経験があればWeb関係のプログラムを作るときに役立つ可能性があります。最新技術は英語の文書で出てくることが多いので、英語の技術書が読めるぐらいの英語力があれば新しい分野の仕事への参加をアピールできるでしょう。 

ページ上部に戻る