SEの派遣求人

複数の派遣会社の「SE」の求人一覧を、まとめてチェック。企業でのシステム開発やシステム改修、ネット環境の構築・保持などに関わる「SE」の派遣求人情報です。現行のシステムをアップデートしたり、新たなシステムを開発したりする仕事がほとんどで、専門スキルを活かして高時給の求人が狙えることが特徴です。

SEの派遣求人一覧

求人が見つからないようです

申し訳ございませんが、検索条件を変えて再検索してください..

もっとみる

  • SEの仕事内容

     SEの仕事は企業の業務などで使用するソフトウェアの仕様を顧客からヒアリングを行ったうえで決め、プログラマーが仕様通りにソフトウェアを作ることができるように設計書を作成するのが中心です。また、それ以外にはソフトウェア開発の人員配置やスケジュールを組むのもSEの役割であり、ソフトウェア開発におけるマネジメントを行うポジションと言えるでしょう。 

     

     ソフトウェアは基本的に顧客との話し合いで仕様を決める「要件定義」→ヒアリングの内容をもとにシステムの操作方法や表示方法など細かい機能を決める「基本設計」→どんな技術を用いて開発を行うか決める「詳細設計」→「プログラミング開発」→「テスト」という流れで進みます。そのうちの詳細設計までがSEの仕事です。 

  • SEのやりがい

     SEのやりがいは派遣社員でもマネジメントを任せてもらえる点と言えるでしょう。派遣会社に所属しているプログラマーは多いですが、その中でもSEの仕事を任せてもらえる人はほんの一握りです。そのため、「人をまとめる仕事をする」ということに対してやりがいや誇りを感じて仕事に取り組むことができるでしょう。また、SEの仕事はプログラマーよりも任される仕事の難易度が高いです。そのため、派遣社員でもSEを経験することで給与査定の際に大幅に給与がアップする人が多く、給与が上がることでモチベーションも大きく上がるでしょう。 

  • SEは未経験でも働けるか

     SEはプログラマーに対して指示を行う仕事なので、プログラマーの仕事を理解していないとできません。そのため、SEの仕事を未経験で任されることはほとんどなく、基本的にはプログラマーとして働いて経験を積んでからSEの業務を担当することとなります。しかし、一部の派遣会社では未経験のSEを募集している企業も存在します。このような企業は基本的に人事担当者がSEとプログラマーの違いを理解していない、もしくは未経験者にSEの仕事を任せようとしている企業であり、ブラック企業である可能性が高いです。 

  • SEに必要なスキル、活かせるスキル

     SEの仕事に求められるスキルはまず物事をわかりやすく説明する能力です。ソフトウェア開発を行うにあたって取引先に対してどんな機能が欲しいかなどといった内容のヒアリングを行いますが、取引先はプログラミングに関する知識を持っていないことが大半となります。しかし、開発を行うにあたって取引先に費用面・技術面でできること・できないことを理解してもらわなければいけないので、ITに関する知識が無い人に対してわかりやすく説明する能力が求められます。また、取引先だけでなくチームの人たちともコミュニケーションを取らなければいけません。このように、SEはコミュニケーション能力が重視される仕事と言えます。



     万が一プログラミングに関する知識を持たずにSEになってしまうと、プログラミングによって実現できることと実現できないことの判断ができないため、仕様書を書くことができません。そのため、プログラミングに関する知識も必須です。 

ページ上部に戻る