接客の派遣求人

複数の派遣会社の「接客」の求人一覧を、まとめてチェック。イベント会場・ショールーム・展示場・空港・百貨店などで、直接お客様と関わる「接客」の派遣求人情報です。受付・接客・商品説明などが求められ、コミュニケーションスキルを活かして働けるお仕事です。英語などの語学スキルがあると、より高時給の求人を狙うこともできます。

職種

  • 一般事務
  • データ入力
  • プログラマー
  • デザイナー
  • SE
  • 営業
  • 営業アシスタント
  • テレオペレーター
  • IT
  • 営業事務
  • OA事務
  • 部署アシスタント
  • 英文事務
  • 総務事務
  • 事務的軽作業
  • 経理
  • 秘書
  • 受付
  • 翻訳
  • 医療事務
  • 貿易事務
  • 保険事務
  • 企画事務
  • 損保事務
  • 特許事務
  • 法務事務
  • 後方事務
  • 証券事務
  • 窓口事務
  • 海外営業事務
  • 販売
  • 接客
  • ヘルプデスク
  • 事務
  • 営業職

場所

  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県

キーワード:指定なし

  • 新着順
  • 時給順

もっとみる

  • 接客の仕事内容

    読んで字のごとくお客様に接することが仕事です。しかしただ接するだけではなくお客様に満足して帰って頂くのが仕事内容と考えてください。身近なところで喩えると、飲食店に入ったとします。注文を聞きに来た店員さんの表情や態度が悪いと食事まで不味く感じてしまいます。逆に笑顔で対応してくれたり、気配りをしっかりしてくれる店には「また通おうかな」となります。料理を良くも悪くもするのは店員さんの心配り一つで変わってきます。服を買いに行っても同じことが言えます。ですからお客様に既存のサービス、プラスアルファの満足をしてもらうのが接客業だとお考え下さい。

  • 接客のやりがい

    接客のやりがいは何と言っても、直接評価を頂ける事です。しっかり対応できたお客様には「ありがとう、また来るよ。」と言って貰えるため、次の励みになります。うまく対応できなかったお客様は何も言わずに帰っていくでしょう。ならば次はこうしてみようと試行錯誤ができ、臨機応変に対応できるスキルが付いてきます。そうして上手く対応できたお客様がリピーターになれば、それは自分のファンができたと同じことです。また自信に繋がるでしょう。このように相手の評価がダイレクトに帰ってくるのは、直接話をして対応する接客業の醍醐味ではないでしょうか。

  • 接客は未経験でも働けるか

    接客というのは特に専門分野というわけではありません。やる気があれば誰にでもできる仕事だと思います。強いて言うのであれば、自分が提供するサービスの内容を覚えること。そして言葉遣いをしっかりすることです。この2つができれば未経験でも問題ありません。

  • 接客に必要なスキル、活かせるスキル

    接客に必要なスキルは大きく分けて3つです。まず1つ目は「丁寧な言葉遣いができること」。自分が話す言葉は、そのまま自分の評価に繋がります。言葉遣いがなっていない人はお客様の満足度は低いです。



    次に「相手に合わせて口調や表情を変えること」。接客には常に笑顔が必要ですが、困っている人に笑顔で話しかけても、相手によっては馬鹿にしているように感じてしまうかもしれません。また小さい子供に、丁寧な言葉遣いいで話しかけても子供によっては怖がられることもあります。ですのでお客様の時と場合によって表情を使い分けることは大切です。



    そして最後は「相手の気持ちになって物事を考えられること」。これは望まないサービスを押し付けたりしないようにするため、そしてお客様が本当に必要に感じていることを提供するためです。



    接客には必要な資格がない分、どれだけ相手を満足させられるかがとても重要になってきます。困っている人やなんとなく来たお客様が、笑顔で帰っていく。それは自身にとっても、お客様にとってもうれしいことになります。