証券事務の派遣求人

複数の派遣会社の「証券事務」の求人一覧を、まとめてチェック。誰もが知っている大手証券会社で働くことができる「証券事務」の派遣求人情報です。データの入力や書類整理、内容のチェックなどバックオフィス業務のほかにも、窓口の受付や電話での接客などを任されることもあるお仕事です。金融業界で働いたことのある方はブランクがあっても優遇されますし、高時給が狙えるお仕事です。

職種

  • 一般事務
  • データ入力
  • プログラマー
  • デザイナー
  • SE
  • 営業
  • 営業アシスタント
  • テレオペレーター
  • IT
  • 営業事務
  • OA事務
  • 部署アシスタント
  • 英文事務
  • 総務事務
  • 事務的軽作業
  • 経理
  • 秘書
  • 受付
  • 翻訳
  • 医療事務
  • 貿易事務
  • 保険事務
  • 企画事務
  • 損保事務
  • 特許事務
  • 法務事務
  • 後方事務
  • 証券事務
  • 窓口事務
  • 海外営業事務
  • 販売
  • 接客
  • ヘルプデスク
  • 事務
  • 営業職

場所

  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県

キーワード:指定なし

  • 新着順
  • 時給順

もっとみる

  • 証券事務の仕事内容

    証券事務は、証券会社内の事務作業全般の事を指します。主な業務の1つとして「株式に関する事務作業」が挙げられます。証券会社で取り扱っている国内外の株式や投資信託、債権の注文を行います。また、証券や通貨といった金融商品の顧客への販売と、トレーダーのサポート業務も証券事務の仕事に含まれます。トレーダーの指示通りに受注伝票を作成したり、データの入力や整理も行います。それ以外にも、定期的に行われているセミナーの準備や資料作成といった作業も担当します。証券事務の業務は、一般的な事務職と比較すると多岐にわたります。

  • 証券事務のやりがい

    証券事務の仕事は、顧客を始めとして数多くの人と接する機会が多くあります。相手の話をしっかりと聞き「何を求めているのか」判断する事が重要となります。慣れない間は、相手の要望が理解出来ずに苦労する事もありますが、要望に合わせた的確な受け答えが出来るようになると感謝の言葉を貰える機会が増えます。営業や問い合わせ等、様々なタイミングで喜びややりがいが感じられる仕事です。また、顧客だけではなく営業やトレーダーといった同じ会社で働いている人のサポート業務にもやりがいは多く存在しています。相手がスムーズに気持ち良く仕事が出来るようにサポートが出来た時にはある種の達成感が得られます。

  • 証券事務は未経験でも働けるか

    金融商品を多く取り扱っている証券事務ですが、未経験でも働く事は可能です。証券会社に関する知識の有無はある程度必要となりますが、経験がなくても「未経験応募可能」や「未経験歓迎」と記載されている求人であれば問題なく働けます。

  • 証券事務に必要なスキル、活かせるスキル

    証券事務として働く際に必要となる資格やスキルは特にありません。事務作業が主な業務となる事から、オフィス系ソフトの操作スキルを活かす事が出来ます。履歴書に記載出来るオフィス系ソフト資格を取得する方も多くいます。また、証券販売を行うために必要となる「証券外務員資格」といった証券に関係のある資格を活かせる仕事でもあります。証券事務として活躍している方の中には上記の資格に加えて、ファイナンシャルプランナーの専門家の証明となる国家資格「FP技能士」や民間資格「CFP・AFP」を取得している方も珍しくありません。



    また、資格とは別に活かせるスキルの1つに「コミュニケーション能力」が挙げられます。数多くの人と接する証券事務は、相手との距離感や相手の求めている物を出来るだけ早く察する事も必要です。また、勤続年数が長くなると証券取引や株式投資について顧客に説明する機会も増えるので、伝えたい事を的確に伝えられるプレゼンテーション能力も活かせます。