法務事務の派遣求人 - 複数の派遣会社の「法務事務」求人を、まとめてチェック

複数の派遣会社の「法務事務」の求人一覧を、まとめてチェック。企業の法務部門で働く「法務事務」の派遣求人情報です。登記や商取引に関する事務に関わるお仕事で、法的トラブルや労災、公式文書の管理・更新、関連法改正時の業務見直しなどが主な業務です。大手企業での求人も多く、経験とキャリアを積むことができるチャンスです。

法務の派遣求人一覧

求人が見つからないようです

申し訳ございませんが、検索条件を変えて再検索してください..

もっとみる

  • 法務の仕事内容

     法務事務とは、法律的な判断を伴う事務仕事のことです。具体的には商取引のための契約書の作成や、各種法律の改正への対応などを担当することになります。契約書が法的な効力を発揮するためには、一定の書式に従って作成されることが必要です。法務事務の仕事では契約書の作成や、別の担当者が作成した契約書の確認などの作業を行います。さらに大企業の場合には会社組織の拡大や再編の際にも、法的な要件を満たすことが必要とされます。定款(企業におけるルール)の作成や新株式の発行などの際にも、法務事務が各種手続きやチェック作業を担当するのです。 

  • 法務のやりがい

     法務事務はミスの許されない厳しい仕事ですが、一方で社内における法律の専門家として周囲から頼られる、やりがいのある仕事になります。法律そのものは学校で学ぶことができますが、実際の業務については企業の現場で覚えていくことが必要不可欠であるため、法務事務の経験を積み重ねることは自身のキャリアアップにもつながるのです。企業内においては法務のスペシャリストとして高く評価されますし、将来別の企業や業界への転職を検討する際にも大いに役立ちます。弁護士や司法書士などを目指している人にとっても、法務事務はおすすめの仕事だといえるでしょう。 

  • 法務は未経験でも働けるか

     法務事務は知識と経験を必要とする専門的な職種であるため、実際の求人では実務経験者を募集するケースが多いようです。未経験者にとっては狭き門となりますが、アシスタント的な業務であれば未経験でも採用される可能性があります。ただし採用のためには大学や専門学校で法律を学んだり、法律関係の資格を取得するなど、法律に関する一定の知識を有することが必須だといえるでしょう。一方でキャリアにブランクがある人や年齢が高い人であっても、法務事務の経験があれば採用されやすくなりますので、面接ではこれまでのキャリアなどを積極的にアピールしてみてください。 

  • 法務に必要なスキル、活かせるスキル

     法務事務に必要なスキル、活かせるスキルとしては、法律系の資格があげられます。弁護士・司法書士・行政書士などの資格があれば有利になりますが、これらの資格はいずれも難関であり、合格は簡単ではありません。まずはビジネス実務法務検定(1級・2級・3級)や、ビジネスコンプライアンス検定(上級・初級)などの、検定試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。さらに法務事務では、一般的な事務に関する各種のスキルが必要とされます。ワードやエクセルなどPCの使いこなしや、英語など外国語への基本的な対応が求められるのです。 

ページ上部に戻る