派遣会社で介護士として働くメリットランキング

派遣会社では、介護士の仕事の求人が多くなっています。

低賃金や重労働など、何かと話題になりがちの介護士は、日勤夜勤問わず人材を常に求められています。

労働環境の見直しは徐々に改善されつつありますが、高齢化社会も相まってなかなか供給が追い付いていません。

しかし、介護士という仕事にはメリットも色々とあります。

そこで今回は、派遣会社の介護士として働くメリットランキングを紹介したいと思います。

派遣会社の介護士として働くとどんなメリットがあるのか、すぐに理解していただけるランキングとなっています。

是非、参考にしてくださいね。

派遣会社で介護士として働くメリットランキング第5位

派遣会社で介護士として働くメリットランキング第5位は、「いろんな職場で働くことができる」ということです。

介護士と言っても、皆さんそれぞれ働きたい現場は様々だと思います。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの施設で働きたい方もいれば、訪問介護など直接、家に出向いて働きたいという方もいるでしょう。

派遣社員で介護士として働くと、自分の希望にあった職場を見つけて働くことができ、いろんな現場を経験することができます。

特に、介護士の仕事が未経験の方は、最初どんな職場に絞って探せばいいか、よく分からないと思います。

いろんな職場を経験して、どの職場が自分に合っているかを判断できることは、重労働と言われている介護士にとって、とても重要な点になるでしょう。

派遣社員の介護士は、様々な現場を経験した上で、自分が本当に向いている職場を見つけることがメリットと考え、この項目が派遣会社で介護士として働くメリットランキング第5位にランクインさせました。

派遣会社で介護士として働くメリットランキング第4位

派遣会社で介護士として働くメリットランキングは、「給与の待遇が良い」ということです。

介護士は、正社員の年収が日本人の平均年収を下回っている上、労働環境がとても悪いということで、一時問題になりました。

正社員雇用では、月収が20万円を超えないというケースも珍しくはありません。

しかし、派遣社員として介護士で働くと、みなし残業が無くなる為、正社員よりもしっかりと労働時間が反映された給与をもらえる可能性が高くなります。

正社員の介護士でも管理職に就くとある程度の昇給は見込めますが、介護士未経験ではなかなかその道のりも険しいと言えるでしょう。

また、給与が少ないと、どうしてもキャリアアップへのモチベーションを維持することが難しくなってきます。

従って、介護士未経験の方こそ、派遣社員でしっかり給与をもらいながら、徐々にスキルアップしていく事をおすすめします。

このことを事前に知っていれば、雇用形態を考えた際には非常に役に立つと思いますので、この項目を派遣会社で介護士として働くメリットランキング第4位にランクインさせました。

派遣会社で介護士として働くメリットランキング第3位

派遣会社で介護士として働くメリットランキング第3位は、「辞めたいのに辞められないということがない」ということです。

派遣社員の介護士は、3ヶ月や6ヶ月ごとに、派遣会社と契約を更新していきます。

正社員で介護士として勤務した場合、人手不足が原因で、なかなか辞めづらいという現実があります。

その点、言い方は煩雑にかもしれませんが、派遣社員の介護士であれば、様々な事情に左右されることなく、辞めたいと思ったときに辞めることができます。

派遣社員の場合、勿論、家庭の事情や体力的に辛いと言った理由もありますが、他の理由として多いのが、「他の職場も体験したい」と思った時などが挙げられます。

派遣社員の介護士も人材が不足している為、普通に働いていれば契約を切られることはまずありません。

むしろ、継続して契約してほしい、と頼まれることの方が多いようです。

介護士の現場を知っている人にも知らない人にもあてはまるメリットだと思いますので、派遣会社で介護士として働くメリットランキング第3位にランクインさせています。

派遣会社で介護士として働くメリットランキング第2位

派遣会社で介護士として働くメリットランキング第2位は、「職場が都合に合わせてくれやすい」という点です。

介護士は残業も多く、なかなか自分の都合に合わせるのが難しい職業というイメージが強いと思います。

しかし、派遣社員の介護士であれば、そういうケースにも対応することができます。

まず、派遣社員の介護士として働けば、時間外労働・残業というものがほとんどありません。

基本的には時間通りにぴったり退社することができます。

もちろん、派遣先に残業をお願いされることはありますが、残業代が出ないということはありません。

正社員の間ではもはや定番となりつつある、サービス残業とは無縁です。

派遣社員に残業が少ない理由は、給与が高いということも挙げられます。

時間通りの勤務でも給与が割高になる上に、毎日のように残業代を払っていると、派遣先の会社もさすがにコストがかかりすぎる為、なるべく残業をさせないように心掛けているのです。

個人主義のご時勢、自分の都合を重視する方が非常に増えていると思いますので、この項目が派遣会社で介護士として働くメリットランキング第2位になりました。

派遣会社で介護士として働くメリットランキング第1位

派遣会社で介護士として働くメリットランキング第1位は、「転職がしやすい」という点でしょう。

派遣社員とはいえ、やはり30代や40代になると、なかなか自分に合った仕事を探すのは難しくなってきます。

介護士の場合は、あまり年齢に左右されず、自分のレベルに合っている働き先を見つけることができます。

先ほども紹介したように、派遣社員の介護士は需要がとても多いです。

派遣社員の介護士は年齢層も幅広く、60代ぐらいまで派遣社員の介護士として働いている方もいます。

つまり、何歳からでも転職が可能というのが、派遣会社で介護士として働く大きなメリットです。

派遣会社には、担当のコンサルタントもいるので、より転職を相談しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

未経験の方でも、派遣社員の介護士なら就職・転職しやすいということも加味して、この項目を派遣会社で介護士として働くメリットランキング第1位にさせて頂きました。