派遣と直接雇用のメリットの違い

派遣スタッフとしてのメリットは?

派遣スタッフと直接雇用ではどのようにメリットの違いがあるのでしょうか?
実際、派遣スタッフとして働く時に、それぞれ理由があると思いますが、
『希望の勤務地、勤務期間、勤務時間を選べる』、『プライベート(家庭、趣味、看護、介護)との両立が図れる』といったことが上位に挙げられます。

また、ほかには…
・労働条件を直接派遣先に伝えるのではなく派遣会社を通して交渉することもできる。
・時給制なので残業代の不払いがほとんどない。
・派遣先企業に直接退社願いを伝えなくてもよい。
・仕事内容や勤務先・勤務時間などの条件を事前に選ぶことが出来る。
・勤務先の都合での異動や転勤がない。
・様々な企業や仕事を経験することが出来るので、自身の視野や経験の幅が広がり、
 スキル向上を目指すこともできる。
・残業もほとんどないので、プライベートと仕事の両立をしやすい。

もしすぐに希望条件が合わなくても・・・

まず一番最初に派遣スタッフとして、派遣会社に登録をし、希望条件の仕事を相談し紹介されるのですが、
もし希望の職種がすぐにでも見つからなくても、スキルアップの為の講座であったり履歴書の書き方など、
研修プログラムが充実している派遣会社も多くあるので、担当のコンサルに相談して、自身を磨いてから仕事をすることもできます。

直接雇用のメリットは?

正社員・アルバイトとは違いが出ますが…

正規社員の場合(契約社員は除きます)
・賞与があるので年収で計算すると、派遣スタッフより多くなる場合がある。
・毎月安定した給与をもらうことが出来、プラス家族手当や住宅手当など、企業によっては
 基本給以外に複数の手当てをいただくこともできる。
・一年ごとに昇給がある(ない企業もあり)
・社会的信用がある。(家が買える・賃貸物件の審査が通りやすいなど)

アルバイトの場合
・契約期間が無いので長い期間働くことが出来る。
・直接雇用されているので仲間意識が強まり一緒になって頑張れる。
・契約期間がないので、滅多な事が無い限りクビになることはない。
・交通費の支給がある。