在宅勤務とは?在宅勤務の働き方やメリット・デメリットを徹底解説

在宅勤務という働き方を取り入れる企業が増えたと感じる人も多いのではないでしょうか。小さな子どもがいる人など、毎日決まった時間に出社するのが難しい人には嬉しい制度です。しかし、在宅勤務とはどのような働き方をするのか不安を持っている人も多いのではないでしょうか。この記事では、在宅勤務のメリット、デメリットについて解説します。

1.在宅勤務について

そもそも在宅勤務とは、具体的にどのような勤務形態なのでしょうか。ここでは、一般的に在宅勤務といわれる働き方について解説します。

在宅勤務の勤務形態

在宅勤務とは、企業と雇用契約や請負契約を結んでいる人が、オフィスに出社せずに自宅で勤務することをいいます。オフィスから離れた場所で、場所や時間にとらわれずに働く「リモートワーク」と呼ばれる働き方の一種です。在宅勤務のかたちは企業によって異なり、出社が一切不要とされているところもあれば、月に数回の出社が求められるところもあります。自宅での業務には、パソコンやタブレットなどの通信機器を使用します。

在宅勤務が増えている背景

在宅勤務を取り入れる企業が増えている背景には、次のような理由があります。まず、インターネットなどの通信技術が発達したことにより、オフィス以外の場所でも情報を共有することが可能になり、オフィスでなくとも業務ができる環境が整ってきたためです。スマホやタブレットなどの通信端末が普及し、インターネット上で業務のやりとりが成立するようになりました。これにより、必ずしも全員が同じ場所で仕事をしなければならないというわけではなくなり、在宅勤務を取り入れやすくなったのです。

育児や介護などで出社が難しくなった場合でも離職せず働けるようにするために、在宅勤務という働き方を取り入れている企業もあります。出社できなくとも、自宅で業務をすることが可能になれば、離職せずに働き続けることができます。企業にとっても、社員を手放さなくてもよくなり、労働力を確保することが可能になるのです。新しい従業員を採用するには、時間も労力もかかります。在宅勤務を取り入れることで、離職率を下げることができ、人材確保のための労力も削減できます。政府が働き方改革の中で多様な働き方のひとつとして在宅勤務を推進していることも、在宅勤務増加の後押しになっているでしょう。

2.在宅勤務のメリットとは?

在宅勤務を取り入れることには、さまざまなメリットがあります。ここでは、在宅勤務のメリットについて解説します。

家庭と仕事が両立できる

在宅勤務には、家庭と仕事が両立できるというメリットがあります。育児や介護などで離職を余儀無くされるケースがありますが、在宅勤務を選択すれば家族の世話をしながら自宅で業務ができます。家族の急病にもすぐに対応することが可能なため、安心して働くことが可能です。特に、体調を崩しやすい小さな子どもがいる人には大きなメリットです。オフィスに出社していると、急な呼び出しがあると会社から帰宅する時間も必要になり、有給休暇を使ったり欠勤の申請をしたりする精神的、時間的なストレスもかかります。在宅勤務ではじめから自宅にいれば、このようなストレスはかかりません。

在宅勤務であれば、勤務中でもメールの返信を待っている間や、上司の確認待ちの間などのちょっとした時間に家事をすることができます。通勤時間もかからないため、今まで通勤にかかっていた時間も家事にあてることができるでしょう。このように、在宅勤務では効率的に家庭と仕事を両立することが可能になるのです。

通勤のストレス軽減

通勤ストレスが軽減されることも、在宅勤務のメリットです。通勤にかかる時間の平均は往復で約2時間とされています。在宅勤務であれば、この時間を家事や育児に活用できます。毎日満員電車に乗ったり、車を運転したりするストレスがなくなることもメリットです。満員電車で通勤している場合、通勤時間が短くても電車に乗るだけでストレスを感じている人も多いでしょう。車通勤の場合は運転に集中しなければならないため、電車通勤のように仕事をしたり読書をしたりすることができず、通勤時間が長ければ長くなるほど無駄な時間に思えてくることもあるかもしれません。渋滞に巻き込まれてしまうとさらにストレスが溜まるでしょう。このように、通勤のための移動に強いストレスを感じる人の場合は、在宅勤務を選ぶことでストレスから解放されます。

場所を選ばない

働く場所を選ばないという点も、在宅勤務のメリットです。出勤が不要な在宅勤務の場合、自宅から会社が遠くても勤務に支障が出にくいでしょう。長距離通勤が必要な場合、電車の遅延などがあると大幅に勤務時間が削られてしまうことがあります。保育園の送り迎えが必要な家庭では、出勤が必要な場合かなり早く家を出て、定時で急いでお迎えに行かないと間に合わないという生活を強いられることもあるでしょう。しかし在宅勤務であれば、このような心配はありません。

自分で好きな仕事場所を選べるというメリットもあります。在宅勤務といっても、必ず自宅で仕事をしなければならないという決まりはありません。たとえば、カフェやコワーキングスペースなど、自分の好きな場所で働くことができるのです。ひとりで静かな場所のほうが集中できるという人もいれば、人の多い少し雑音のある場所のほうがかえって集中できるという人もいるでしょう。自分が仕事をしやすい環境を選んで働けるというのは、大きなメリットといえます。

家庭の事情で遠方へ引っ越ししなければならない場合でも、仕事を辞めずに続けることができることもメリットです。知らない土地で新たに仕事を探すのは大変で、もしかしたら仕事が見つからないかもしれないという不安もあるでしょう。在宅勤務であれば働く場所は関係ないので、今までと同じ仕事を続けることができます。企業にとっても、配偶者の転勤などで社員が辞めてしまうリスクを下げることができるでしょう。

3.在宅勤務のデメリットとは?

在宅勤務にはメリットも多くありますが、デメリットもあります。ここでは、在宅勤務のデメリットを解説します。

情報漏洩の危険がある

在宅勤務では、インターネット上で業務情報のやりとりをすることがほぼ必須になります。その場合、業務上の重要な文書や顧客リストといった機密情報が漏洩してしまう危険性があります。セキュリティがしっかり整備されたオフィスのネットワークと違い、個人の自宅のネットワークやカフェなど一般の施設のwi-fi環境は、セキュリティ対策が十分されていない可能性があるのです。そのような環境では、知らない間に情報漏洩していたという事態に陥っても不思議ではありません。

在宅勤務を取り入れるには、インターネットウイルスへの対策が必要不可欠です。特に、会社支給のパソコンでなく自分のパソコンを使って在宅勤務をする場合には、しっかりウイルス対策をしておく必要があります。自分の気づかない間にウイルスに感染しており、情報を漏洩させてしまうと大変なことになります。情報の取り扱いについてきちんと指導を受けるなどして、情報漏洩を防ぐ取り組みが重要です。

自己管理が難しい

在宅勤務では自己管理が難しいことも、デメリットとして挙げられます。在宅勤務は上司や同僚など周囲の目がないため、休憩時間を長く取りすぎたり、昼寝をしたりしてしまうなど、さぼってしまいがちです。オフィスに出社して働くことは苦労も多くありますが、周囲の目によって適度な緊張感があり、テキパキと仕事をこなすことができるというメリットもあります。一方在宅勤務では、自由に振舞っても誰にも見られないため緊張感がなく、ついさぼってしまうことがあるのです。

出社と退社の時間が決まっていないため、ダラダラと仕事をしてしまうこともあるでしょう。本来なら午前中に取り掛かって午後には終わっているような作業でも、開始時間が遅れて夜までかかってしまうということもあります。自制心がしっかりしていないと、効率の悪い働き方になってしまうのです。仕事の合間に家事やプライベートな用事をしてしまい、集中力が途切れがちになることもデメリットといえます。

在宅勤務でも、勤務時間と休憩時間を決めるなどしてメリハリを付けて働くことが重要です。それができなければ、効率が悪いとして上司からの評価が下がってしまう可能性もあります。自己管理がしっかりできる人でなければ、在宅勤務で効率よく働くことは難しいでしょう。

コミュニケーション不足によるミスが起きやすい

在宅勤務では、コミュニケーション不足によるミスが起きやすいということもデメリットです。在宅勤務ではメールやチャットツールによるやりとりが多く、きちんと指示が伝わらないことがあります。コミュニケーションが不足すると誤解が起きやすくなり、ミスが起こりやすくなるのです。きちんと指示が伝わらないと上司が意図した内容と違う仕事の進め方をしてしまい、仕事が遅れたり無駄な作業をしてしまったり、という事態も起きやすくなります。何かわからないことが出てきても、メールやチャットツールでは返信が遅かったり、質問したい内容がなかなか伝わらなかったりすることもあるでしょう。その結果、仕事の進みが悪くなることがあります。

暗黙の了解や、ニュアンスで伝えたつもりでいるとミスを誘発します。まめにコミュニケーションを取り、お互いにきちんと理解しながら業務を進めることが重要です。顔を合わせてやりとりしていても、誤解が生じたという経験がある人もいるのではないでしょうか。対面のやりとりでもそういった事態が起こり得るため、在宅勤務の場合はより丁寧なコミュニケーションが必要になることは、当然といえるでしょう。

運動不足による体調不良

在宅勤務では、外に出ることが極端に少なくなるため運動不足になりがちです。出社が必要な場合は自宅から駅までの間など、短い時間でも歩いたり自転車に乗ったりして身体を動かす機会があります。しかし在宅勤務では、家から一歩も出なくても業務ができます。その結果、運動不足で肩こりや頭痛などの体調不良が起こりやすくなるのです。運動不足にならないためには、適度に身体を動かすことが重要です。本格的な運動でなくとも、1時間に1回は立ち上がってストレッチをしたり、短い時間でも散歩に出かけたりするだけでも効果的でしょう。

4.在宅勤務が可能な主な職種

在宅勤務が可能な職種にはいくつかあります。ここでは、在宅勤務が可能な主な職種について解説します。

IT系

システムエンジニアやプログラマー、WEBデザイナーなどのIT系の職種が在宅勤務には多いでしょう。基本的にパソコンさえあればできる仕事のため、在宅勤務に多い職種です。これらの職種に就くためには、専門知識やパソコンの基本操作ができることは必須になります。

データ入力やライター

データを正確に入力するデータ入力やライターの仕事も、基本的にパソコンがあればできるので在宅勤務が可能な場合が多い職種です。基本的なパソコン操作ができればよいので、未経験者でも始めやすいでしょう。IT系の職種と違い、特別な資格や知識、スキルがなくても気軽に始めることができます。

5.在宅勤務の仕事を探すために派遣会社を活用しよう

在宅勤務の仕事を探している人は、派遣会社を利用するという方法があります。ここでは、在宅勤務の仕事を探すためのおすすめの派遣会社を紹介します。

ランスタッド


ランスタッドという派遣会社は、細かい条件を指定して求人を探すことができるため、自分にぴったりの仕事を見つけやすいのがメリットです。事務やオフィスワークを取り扱っており、在宅勤務の求人もあります。派遣で働く場合、派遣先ももちろん重要ですが、同じくらい派遣元のコーディネーターとの関係も重要です。ランスタッドは女性のコーディネーターが多いため、女性におすすめの派遣会社です。
公式ページで確認する詳細を見る

アデコ人材派遣


アデコ人材派遣という派遣会社は、大手有名企業の求人を多く取り扱っており、求人数も多いのが特徴です。事務系からIT系まで、幅広い業界の求人があります。IT系の求人が多いため、IT系の仕事を探している人には特におすすめといえます。在宅勤務の求人も多く、在宅勤務希望の人にもおすすめです。OAや語学講座など、キャリアアップのためのサポートも充実しているため、キャリアアップを目的としている人にも適した派遣会社でしょう。
公式ページで確認する詳細を見る

在宅勤務は自己管理が重要

在宅勤務では、自分で勤務時間や仕事量を管理する必要があるため、自己管理がとても重要になります。自己管理ができないと仕事も進まないうえに、上司からの信頼も失ってしまうかもしれません。一方で、家庭と仕事の両立をしやすいため、介護や育児中の人にはおすすめの働き方です。働き方改革によって多様な働き方が認められる社会になってきているので、自分に合った働き方を見つけましょう。

派遣サーチおすすめの派遣会社

  • スタッフサービス

    株式会社スタッフサービス

    派遣会社「スタッフサービス」の特徴や評判を独自に分析!経験を活かせるお仕事がきっと見つかる「スタッフサービス」。スピード感を重視したいならぜひ登録したい派遣会社です。翌月スタートのお仕事でも、たくさんの中から選べる求人件数の多さも大きな魅力。

  • テンプスタッフ

    パーソルテンプスタッフ株式会社

    派遣会社「テンプスタッフ」の特徴や評判を独自に分析!創業者が女性の派遣会社「テンプスタッフ」。女性に人気の求人を多く取り揃え、働く女性のためのサポート体制が充実しています。派遣スタッフからの評価も高く、「また働きたい」という声が多い派遣会社です。

  • リクルートスタッフィング

    株式会社リクルートスタッフィング

    派遣会社「リクルートスタッフィング」(通称「リクスタ」)の特徴や評判を独自に分析!派遣社員が選ぶ満足度調査では、14部門でNO.1を獲得している「リクルートスタッフィング」。安心して働ける優良企業の求人も多く、多くの派遣社員が選んでいるとおり、とにかく働きやすい派遣会社です。

関連記事

このカテゴリの記事は現在準備中です

もっとみる